バイオハザード:ヴィレッジPC版デモのグラフィック設定。グラフィックメモリ最大使用量は?

バイオハザード8:ヴィレッジのPC版デモがようやくSTEAMで配信されたので、早速落としてプレイ前にまずは、グラフィックオプションを色々とみてみました。

基本はRE2、RE3リメイクと同じ感じで、お馴染みのプリセット「限界突破」もあります。

ですが、今回のバイオ8ヴィレッジからは新たに「レイトレーシング」項目が追加されています。

限界突破の上に「レイトレーシング」があります。グラフィックメモリ容量8GB以上を推奨しています。最高プリセットの「限界突破」にしてもグラフィックメモリ使用容量は10.0816GBでした。

各グラフィック設定項目を全て最大値にすると、グラフィック・メモリ使用量最大値は12.7443GBという事が分かりました。設定項目の「イメージクオリティ」の設定数値が細かく、0.5〜2までコンマ1単位で細かく数値設定出来ます。これは設定解像度(画面解像度)に対しての描画解像度の比率。1がそのままの100%。最高で倍率x2まで設定出来ます。つまり、4K解像度でx 2にすれば、8K解像度で描画するという事です。ここら辺はマシンスペックに応じて変えても良いでしょうけど、1(100%)が標準という事で良いのかと思います。

しかし、RTX 3090はGDDR6Xを24GB搭載しているので、半分程度しか使わないことになります。明らかに持て余し気味ですねw

この事からもPCゲーマー用ハイエンド仕様のグラフィックカードは多くても16GBくらいが丁度良いのではないでしょうか?RTX 3090はクリエイター用途も考慮されて24GB搭載しているので、仕方ないとは思いますが、、

RTX 3090で最大設定でプレイすると、どれくらいのグラフィック品質、パフォーマンスの感じになるのか、今晩にでも色々と試して見たいと思います。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720