nVIDIAが遂にCPU分野に参入。複雑な人工知能(AI)計算を10倍速くできる見通し。

nVIDIAは、昨晩12日にお馴染み革ジャンCEOのジェンセン氏が、CPUに参入すると発表しました。

先日買収した英ARMの基本設計を利用して、2023年に米欧のスーパーコンピューターに搭載する予定だそうです。複雑な人工知能(AI)計算を10倍速くできる見通しの模様。nVIDIAがARMを買収した時点でこの可能性というか、こうなるのは分かってはいましたが、実際発表されるとインパクトありますね。昨晩の発表後にインテルとAMDの株価は数パーセント下落しています。

nVIDIAの担当幹部でもあるパレシュ・カーリャ氏は「数年以内に100兆を超えるパラメーターを持つAIモデルが出てくるだろう。今回のCPUは、最も複雑と言えるAI計算のボトルネックを解消するために開発した。インテルやAMDなどの汎用CPUとは直接競合しないだろう。」と述べています。

米HPEがnVIDIAのCPUを組み込んでスーパーコンピュータを製造し、まずは米ロスアラモス国立研究所とスイス国立スーパーコンピューターセンターに納品するようです。ともに2023年に稼働予定で、新素材開発や気象研究などに使う模様で、特にロスアラモス国立研究所は米政府の最先端技術研究の要所でもあり、軍とも関係が深くUFO問題でも良く登場する場所なので興味深い。

nVIDIAが今回のCPU参入で間違いなく将来のGeForce RTXグラフィックスカードのAI処理コアであるTensorコア、レイトレ処理コアの向上にもプラスになりそうで、期待が膨らみます。

nVIDIA GRACEと名付けられたのは、CPUとGPUを搭載するボードでnVIDIAの次世代アーキテクチャGPUとCPU、次世代のNVLinkを搭載する製品とアナウンスされています。

個人的に気になるのはやはり次世代アーキテクチャGPUでしょう。噂のホッパー(Hopper)でしょうか?CPUもGPUも5nmプロセスで製造されるようですが、nVIDIAはまだ詳細は明かせないとの事。2023年リリースなので、おそらく来年後半には色々と具体的な事も分かってくるでしょう。

なにはともあれ、CPU開発力まで得たnVIDIAがリリースする次世代グラフィックスカードも非常に期待出来る性能になりそうです

そして最後にはお馴染みジェンセンCEO宅のキッチンがCGモデルで解体されていく映像で終わりました。

🔚

via nVIDIA GTC21 ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720