【噂】NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti 12 GBグラフィックス・カードが5月に延期か。深刻なGPU不足は年末まで続く?

nVIDIA GeForce RTX 3080 Tiグラフィックスカードに関する様々な噂が出ていますが、ITHomeによる最新のレポートによると、nVIDIAはそのエンスー向けゲーミング・グラフィックスカードの発売を1ヶ月延期したようです。

これまでの噂では、NVIDIA GeForce RTX 3080 Tiは4月中旬に発売されると予想されていましたが、今回、nVIDIAは発売を1か月延期することを決定したようです。

最新の噂では、当初の予定よりもちょうど1か月遅れの5月中旬頃の発売ではないかとされています。発売が遅れることはほぼ間違いないようで、延期になった理由はいくつか考えられます。

ASUSは、先日の投資家向け電話会議で、現在、NVIDIA Ampere GPU(RTX30シリーズ)が限られた数しか供給されておらず、そのために在庫の大幅な遅延と価格の上昇が発生していることを確認しました。現在、NVIDIAのAmpere GPUのラインナップは、GA102、GA104、GA106の3つの主要チップで構成されています。

これらの不足は、RTX 3090、RTX 3080、RTX 3070、RTX 3060 Tiなどのカードを含むGA102およびGA104の高性能パーツでより顕著になっています。NVIDIA GeForce RTX GPUのもう一つの大手ベンダーであるMSI社は、DigiTimesの取材に対し、「GPUの不足が現在も続いているため、同社の既存のグラフィックカード・ポートフォリオの価格を引き上げる見込み」であることを明らかにしました。ASUS、MSIの両社ともに、関税の引き上げや各種プリント基板用部品の価格上昇などにより、既に以前から価格を引き上げています。

PC Magによると、ASUSの共同CEOであるSY Hsu氏は「グラフィックカードの問題については、現在nVIDIA(GPU)の出荷量が不足していることが主な問題であり、供給が制約されている状況なので価格が上昇しています。誰もがユニットを手に入れようと躍起になっている。現在、サプライヤーからの歩留まりが順調ではないと推測しています。それがこのような大きな不足につながっています。」と述べています。

Micro Star International(MSI)社のJoseph Hsu会長は、2021年末まで続く可能性のある厳しい供給状況を反映して、グラフィックスカードの価格を引き上げる。」と述べています。

更にDigiTimesの報道では、3月23日に開催されたMSIの投資家向けカンファレンスで同社会長のJoseph Hsu氏は「マザーボード、グラフィックスカード、ゲーミングノートブックの最終需要が2021年の残りの期間も堅調に推移する可能性が高いと指摘、各製品ラインの2021年の出荷台数は、2020年に前年比30〜50%の増加を記録した後も、再び2桁の成長が見込まれている。」と強気の予測を述べているようです。

nVIDIA GeForce RTX 3080 TiがGA102 GPUをベースにしていることを考えると、これが遅延の理由であると言われており、カードの発売が第2四半期の初めではなく、第2四半期の半ばに延期されたことを説明できるのかもしれません。

しかし、1カ月の遅れとはいえ、nVIDIA社のパートナー企業は、2021年末までにGPUの供給問題が正常に戻るとは確信していないため、状況が好転することは期待できません。これは、AMDのRadeon RX 6000ラインナップにも言えます。

「nVIDIA GeForce RTX 3080 Ti」の発売予定時期は、同じく5月に発売が予定されていた「RTX 3070 Ti」と同じですが、こちらも別の時期に延期されるかもしれません。このカードは、2021年のComputexに近い時期に発売されると予想されています。

AMDのCEOリサ・スー女史は、今年1月に「今年の前半は若干の逼迫が見られますが、後半には生産能力が強化される。」と述べてはいましたが、これらのnVIDIAのベンダーからの話を聞く限り、今年いっぱいは品薄が続き価格が高騰する事になりそうです。

当ブログ参考記事:PS5とXboxSeriesX|SのSOCサプライヤーAMD、供給問題は「今年の前半までは続く」と予想。

RTX 3080、3090の発売時から私も品薄で中々入手出来ず、ようやくスキを突いて購入出来ました。その時で23.5万円でしたが、現在見ると先日NTT-Xストアで29万円で売られていました。実質6万円以上値上がりしているわけです。更にASUSやMSIの回答を見る限り、今後更に値上がりするのかもしれません。そう考えると買えて良かったなと。しかし、ここまで正規価格が高騰していると売りたくもなりますが、、w そう考えると2台くらい買っておけば良かったなと、、

via ITHome, PCMag, DigiTimes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720