「Diablo 2: Resurrected」、PC版では最高8K、PS5とXbox Series Xで4K/60fpsを実現している模様。更に、オリジナルPC版ゲームのセーブデータが使える模様。

先日、噂通りに発表されたBlizzard Entertainmentの「Diablo 2: Resurrected」ですが、すべての主要プラットフォームでターゲットとするフレームレートと解像度が、IGN Middle Eastのインタビューで明らかにされました。

プロデューサーのMatthew Cederquist氏は「Diablo 2: Resurrected」はPCでは8K(4320P)、PlayStation 5とXbox Series Xで4K解像度で60fpsで動作すると述べています。

ただし、コンソール版(PS5、Xbox Series X)の4K解像度が、ダイナミック解像度(負荷に応じて解像度を上下させる)なのか、固定ネイティブ解像度なのかには言及していません。

更に、画面のズーム機能も搭載しているようで、「プレイヤーが作り込まれたアートワークをもっと拡大して見ることができるだけでなく、様々なプレイスタイルに適応するのにも役立つでしょう。」と述べています。

オリジナルの「Diablo II」の解像度は、640x480Pと800x600Pの2種類があり、拡張版ではカメラをズームアウトする必要があったようです。

新たにズーム機能を使うことで、従来のゲームよりも少しだけ画面を拡大する事ができるようになっているそうです。これはプレイヤーのために追加したもので、更に異なる解像度にも対応しているとの事。

実績については、コンソール版でサポートする予定との事。しかし、実績の内容に関しては、今のところどのようなものなのかはまだ言及されていません。PC版に関しては、今のところ発表はないとの事。

「Diablo 2 Resurrected」はリマスターなのか、リメイクなのか?という質問には、オリジナル・ゲームのフル・リマスターだと述べています。

最後に、驚くべきことに「Diablo 2 Resurrected」開発中に、オリジナルのPC版ゲームのセーブデータが動くかどうか試しにテストしてみたところ、動作したとの事で、「ローカルのシングルプレイヤーのセーブファイルは引き継がれる。」との事。オリジナルPC版ゲームのセーブデータをお持ちの方は、持っていてくださいとの事。

これより、PC版の古いセーブファイルを「Diablo 2: Resurrected」にインポートして、元の場所からプレイを続けることができるという事です。

オリジナルPC版をやり込んだPC版プレイヤーにとっては朗報と言えそうです。

🔚

via IGN MiddleEast

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720