カプコン「バイオハザード8 :ヴィレッジ」のレイトレーシングでAMD RADEON RXと提携

カプコンはRadeonと提携し、次世代機での「バイオハザード8:ヴィレッジ」を、更にゴージャスなグラフィックにするために開発を進めているようです。

「バイオハザード8:ヴィレッジ」のレイトレーシングは、ゲームのビジュアルだけでなく、デモプレイヤーが覚えているように、すでに非常に濃厚なゲーム世界の雰囲気を強化することを目的としているようです。

「バイオハザード8:ヴィレッジ」のデモでは、暗くて陰鬱で非常にゴージャスなダンジョンをプレイヤーが通り抜け、ゴージャスなライティング効果と物理効果を駆使して、城のいくつかの部屋に出て行きます。ヴァンパイアファミリーのように見えるものと一緒に閉じ込められているという事実は、より一層恐ろしいものとなっています。

プレイステーション5やXboxシリーズXの処理能力の向上を考えれば、次世代コンソールで「バイオハザード8:ヴィレッジ」をプレイすることで、「バイオハザード8」のレイトレーシング効果によって、より一層強化されることになるかもしれません。

ゲームの予告編を見る限りでは、これまで見てきたバイオハザードゲームの多くとは全く異なるゲームのように見えますし、レイトレーシングを搭載しています。

Radeonと提携との事ですが、nVIDIAのRTXカードユーザーとしてもnVIDIAでのサポートが気になるところではありますね。特にパフォーマンスの最適化はやや心配。とは言え、過去の作品、そして直近のバイオハザード7、そして2、3リメイクなどのREエンジンは軽めの印象なので、大丈夫かとは思いますが、初のレイトレーシングが絡むとどうなるか、、不具合などちょっと心配な気もしますが、初のレイトレーシング効果でのバイオハザード新作は非常に楽しみです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720