LG NANO CELL 4K液晶TV NANO91とXbox Series Xを接続、4K 120Hz入力、FreeSyncなど各動作状況レポート。

Update:2020.11.13 コメント欄でhiroさんからXboxシリーズX側の「YCC4:2:2を許可」にチェックを入れて「36ビット/ピクセル(12bit)」の場合、どうなるのかテストして欲しいとリクエストがあったので、追加掲載しました。


ようやくXbox Series Xを LG NANO91に接続したので、色々と試してみました。

まず、XboxSeriesXの側で「4K 120Hz出力」、NANO91側で「FreeSync Premium」設定はONにしてホーム画面を表示した状態です。(ゲームプレイ時でもステータス結果は同じです。)

そして、NANO91のリモコンで緑ボタンを連打するとFreeSyncの動作状況が詳細に表示される(この方法は、マニュアルに記載されていない操作なので、自己責任で行ってください)機能を使い、

Xbox Series Xの「設定」→テレビとディスプレイのオプション→ビデオ再現度とオーバースキャン→映像の再現性→色深度

の項目で表示してみる事にしました。その前にまずNANO91は4K液晶TVとしては珍しいFreeSync Premiumに対応しています。

早速、ホーム画面の状態で見ると、「FreeSyncアクティブ」と表示され、Xbox Series XのFreeSync動作は確認しました。

そして、まずは色深度「24ビット/ピクセル(8bit)」で表示してみました。結果は、

「RGB 8b 4L8」と表示されました。「4L8」という事から4×8=32で、これは32Gbpsという事になりそうです。

そして次は、32ビット/ピクセル(10bit)に切り替えてみました。結果は

「RGB 10b 4L10」と表示されました。この事から40Gbpsということになります。

次に、「36ビット/ピクセル(12bit)」に切り替えて表示してみました。その結果

YCBCR420 12b 4L6」と表示されました。この事から24Gbpsという事になります。

Update:2020.11.13

更にXboxシリーズXの

「テレビとディスプレイのオプション」→「ビデオモード」

にある「YCC 4:2:2 を許可」にチェックを入れて

そして「36ビット/ピクセル(12bit)」を選択すると、結果は

「YCBCR420 12b 4L6」となりました。hiroさんのご報告ではLGのOLED CXではこの組み合わせでは表示出来ないようです。

この結果からも、LGのNANO91には、Xbox Series X側の設定では、「32ビット/ピクセル(10bit)」帯域40Gbpsが最適という事になりそうです。

LGのNANO91で、Xbox Series Xの4K 120Hz入力確認、FreeSyncの動作を確認(VRR動作を確認した事になります。)ALLM(自動低遅延モード)の動作確認もしました。

RTX3090を搭載したPCで、4K 120Hz 12bit 48Gbps入力も確認、FreeSync動作、Gsync動作(ウィンドウモードでチラつきの問題あり)も確認済みとなりました。

PlayStation5でもNANO91で色々とテストしたかったのですが、私は3回の抽選にもハズレれてしまい、結局入手出来ずにローンチを迎えてしまったので、今回はPS5でのテストは出来ませんでした。

PS5やXbox Series X、Xbox Series Sなどの次世代ゲーム機の能力を完全に引き出す4K液晶TVをお探しで悩んでいるのなら、LGのNANO91はこのテスト結果の通り、全ての次世代機能に対応しているので、オススメです。

OLED(有機EL)なら同じLGのCXシリーズが良いでしょう。海外のテック解析でも有名なデジタルファウンドリでもLGのCX、そしてNANO91も次世代ゲーム機用4K TVとしてオススメしています。

ただし、CXシリーズはHDMI 2.1のフル帯域48Gbps入力には対応していませんが、40Gbps入力にはHDMI入力端子1〜4全てが対応しています。次世代ゲーム機用として40Gbpsでも全く問題はありません。

一方、4K液晶TVのNANO91は、48Gbpsのフル帯域入力に対応していますが、HDMI入力端子3と4のみ4K 120Hzフル帯域入力に対応しています。HDMI入力1と2はHDMI 2.0となります。

残念ながら、現時点でレグザやブラビアなどは4K 120Hz入力、FreeSyncなどに対応したTVはないので、LGのTVはちょっとね、、という方は、来年以降(春以降との噂)に出るのを待つしかなさそうです。

私もTVは、ずっとレグザとブラビアを多数使い続けて来ていて、現在もメインはリビングでブラビア85x9500Gを使っていますが、LGの4K TVは使った事がなく、4K 120Hz入力の目的のみで仕方なく購入したのですが、レグザやブラビアに劣らない画質と、ご覧の通りの多機能、そして更にTVにしては音も意外と良く、侮れない完成度です。

UIに関しては人それぞれ好き嫌いがあるので、なんとも言えませんが、私は使い難いとはあまり感じていません。慣れの問題だと思っています。最近はアップルTVにも対応し、アップルTVで購入した映画も4K HDR、Dolby Vision、 Dolby Atmosでも観ることが出来るようになりました。

ただし、TVとしての機能性、特に番組表のレスポンスは本当に酷く起動も遅いので、レグザやブラビアの瞬時に番組表が起動するレスポンスに慣れていると、非常にストレスになると思います。

しかし、4K 120Hz、FreeSyncなどゲーム機能に関してはこの通り、レグザやブラビアより一歩先を行っており、群を抜いて多機能で唯一無二の存在なので、ゲーム関連機能に関しては、本当にオススメ出来る4K HDR TVだと思います。何かご不明な点がありましたら、コメント欄でお気軽に聞いてください。私の分かる範囲でならお答えします。🔚

6 件のコメント

  • ちなみに4:2:2を許可するをチェックすると、36ビット/ピクセル(12bit)にした場合はどうなるんでしょうか。LGCXだと12bitにはできないようで、画面が暗転して10bitになって戻るんですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720