【フィル・スペンサー氏インタビュー】XboxシリーズX|Sは、マイクロソフト史上最大のコンソール・ローンチ。「TELL ME WHYやMSフライトシミュレーターは、ゲームパスが成長していなければなかったと思う。」

フィル・スペンサー氏がGuradianのインタビューで興味深いことを色々と語っていますので、日本語訳で一部ご紹介します。

11月10日、遂にXboxシリーズXとSがこれまでで最大のXboxローンチを果たしました。

Xbox部門ボスのフィル・スペンサーさんが、自身のツイッターでXboxシリーズXとシリーズSは、今までのXboxコンソールよりも多くの国で、より多くのユニットを販売したことをTwitter経由で明らかにしました。

「Xbox史上最大規模のローンチをサポートしてくれてありがとう。私たちは小売店と協力して、可能な限り迅速に供給を再開しています。あなた達は、「Power of Play」がこれまで以上に重要であることを示し続けてくれています。」

どうやら、XBOX史上最大のコンソール・ローンチとなったようです。発売前の予約状況、売り切れなど入手性をワールドワイドで見ていると、かなり潤沢に事前準備していた事が伺えます。

今週のXboxシリーズXの発売は、新しいビデオゲーム機世代の幕開けとなりました。歴史的に見ても、プレイヤーにとっては、より優れた新技術がゲームの新たな次元を解き放ち、超エキサイティングな時間となっています。

しかし、テラフロップ数やフレームレート、解像度についてはいつものように競争が激しくなっていますが、今回のゲーム機戦争には別の側面があります。

ビデオゲームのNETFLIX化が間近に迫っていて、ビデオゲーム機の概念を根底から覆そうとしています。アマゾンとグーグルは、テレビの下や横に置いてある箱(ゲーム機)にお金を払わずに、最先端のゲームをプレイできるクラウド・ゲームストリーミングサービスに取り組んでいます。

そしてマイクロソフトは過去5年間、ゲームラインナップを強化するためにゲーム開発者に数十億ドルを費やしてきました。Xbox Game Passは、月額料金で何百ものゲームをプレイできる月額制のサービスです。

マイクロソフトがゲームの未来をサブスクリプション、ストリーミング、サービスに見出していることは、以前から明らかでした。2014年からXboxのトップを務めるフィル・スペンサー氏は、XBOXプレイヤーの間では、ビデオゲームのTシャツを着て記者会見の壇上に現れ、Tシャツのデザインが話題になる事もあります。

フィル・スペンサー氏のリーダーシップの下で、マイクロソフトはゲーム開発者を大幅に拡大、補強し、PCでのXboxゲームの販売を開始し、どんな画面でもプレイできるように独自のストリーミングサービスxクラウドを開発しました。日本ではようやく11月18日よりプレビューが開始されます。

サブスクリプションとストリーミングは、すでに他のクリエイティブ業界にも大きな影響を与えているようで、アーティストへの影響は多様です。

Spotifyはミュージシャンにとっては大失敗だったようですが、NETFLIXはテレビプロデューサーにとっては朗報なのかもしれません。実際にケーブルTVなどではCMを5回ほど挟む制約などで脚本構成上でも大変なようで、NETFLIXのような形態の方がストーリーを語る上では有利だと、ヒストリーチャンネルで放送されたTVドラマ「プロジェクト・ブルーブック」のプロデューサーも語っていました。マイクロソフトは、すでにこの方向性を明確に打ち出しており、ゲーム業界にはどのような影響があるのでしょうか。

フィル・スペンサー氏は、Xbox Game Passを念頭に置いてゲームを開発することで、よりクリエイティブなリスクを冒すことができると以前のインタビューでも語っています。

スペンサー氏は「正直言って、もしゲームパスの存在がなかったら、『Tell Me Why』の開発を開始することはなかったと思います。これはエピソード形式のストーリー主導型のゲームで、これほど多くのゲームが作られることはありません。現在、1,500万人の購読者を抱えている私たちは、このゲームがプレイされること、そして、人々が30ドルの価格設定を前にした場合に比べて、より多くの人がこのゲームに夢中になることを知っていました。Microsoft Flight Simulatorでさえも、Game Passの成長が見られなければ、開発を進める事はしなかったでしょう。Battletoadsのプレイヤーは100万人いました。これらはすべて、小売のみの視点では実現出来なかったゲームの例です。」

ゲームパスとクラウドゲーミングがXboxの焦点となっていますが、だからと言ってコンソールを排除しているわけではなく、少なくとも今のところはそうではないとスペンサー氏は言います。「願わくば、私たちのフォーカスは、小売から無料プレイ、サブスクリプションまで、現在出回っているすべてのモデルをサポートしてくれることを願っています。ビジネスモデルの多様性は、私たちがやろうとしていることと、すべてが一斉にシフトした音楽業界との大きな違いの一つだと思います。」

2013年のXbox OneがソニーのPlayStation 4に大きく抜かれて以降、数年前にXbox Oneの販売台数を公表することをやめました。アナリストはプレイステーション4の1億台以上の販売台数の半分以下と推定しています。スペンサー氏はXbox Oneの販売台数を知っていますが、彼は固執して教えてくれません。

「私のチームが(コンソールの売上台数)に集中することは望んでいません。私たちが行っているすべての仕事の主な成果は、どれだけ多くのプレイヤーが見て、どれだけの頻度でプレイしてくれるかということです。それがXboxを動かしているのです。公的にも内部的にも、何か他のことに目を向けるようになると、焦点が変わってしまいます。後方互換性のないものは、興味をそそられなくなります。私たちのゲームをPCでプレイすることで、誰かがXboxシリーズXを買わなくても済むようになるのです。私たちはプレイヤーの数を公開しています。それが私たちに求めているものであって、プラスチック(ゲーム機)を何個売ったかではありません。

もし、XboxシリーズX/Sがプレイステーション5を大幅に上回った場合、またコンソールの売上台数について話し始めるのか?と聞かれたスペンサー氏は、

「いえ、そのようなことはしないと約束します。去年はグーグルやアマゾン、そして今はフェイスブックがゲームスペースに参入すると発表しています。私はXboxシリーズXの販売台数で彼らの数字に対抗するつもりはありません。Googleは決してChromecast Prosが何台売れたかを話題にするつもりはありません。彼らが話すのは、常に自分たちのプレイヤーの数です。」

「誰が最も多くのゲーム機を販売したかに基づいて、私たちとソニーを比較しようとしている人たちは、今日のゲームとは何かという文脈を失っていると思います。今日、地球上には30億人がゲームをプレイしていますが、ゲーム機を持っている家庭は2億世帯しかないかもしれません。ある意味、ゲーム機はゲーム全体のパイに占める割合が小さくなってきています。

アマゾン、グーグル、フェイスブックなど、資金力のある大手テック企業がビデオゲームに参入するという見通しに、多くのアナリストが不安を抱いているようです。これらの企業は、業界全体の経済状況をひっくり返す可能性があるため、参入して他のすべての企業を打ち負かしてきた歴史を持っています。これまでのところ、グーグルのストリーミングサービス「Stadia」は大成功を収めておらず、アマゾン・ゲーム・スタジオの最新ゲームは数ヶ月後に販売中止となりましたが、スペンサー氏はそれにもかかわらず警戒しています。

「私はソニーや任天堂と競争するのが大好きです。私たちは狂ったように競争するつもりですが、人々にプレイしてもらうために素晴らしいゲームを作ることが重要だということも理解しています。

しかし、非常に資金力のあるテック企業(GAFA)が参入してきて、ゲームを2,000億ドルのトップラインビジネスと見なし、デッキチェアをあちこちに移動させ、そして消滅させる可能性があるとしたら、、私たちがここにいる理由は、ゲームをより良くしたい、そしてゲームが成長し続けるのを見たいからなのです。参入して破壊することができる企業の長期的な投資とコミットメントは、私たちが警戒すべきものです。」

最近のアマゾンの不祥事が示すように、現金を湯水の如く注ぎ込むことがビデオゲームで成功する方法ではありません。

「”ビデオゲームのTシャツを着た男”として言うのは自分勝手なのはわかっていますが……私はビデオゲームが大好きで、ずっとプレイしてきました。この仕事に就いたときに思ったのは、なぜマイクロソフトがゲームビジネスをやっているのか?ということです。私たちがゲームビジネスに参加するのであれば、私たちは技術とプレイヤーを信じているから参加しようと思います。マイクロソフトができることを利用して、ゲームのストーリーを前進させることができるようにすべきだと思ったのです。

「純粋なビジネスの観点から見ると、ゲームはすでに急速に成長しているメディアであり、最大のビジネスでもあります。いずれはまた衰退し、元に戻ると言う人もいるでしょう。しかし、 私たちが見たのは新しい人たちが ビデオゲームを自分たちのための素晴らしい出口として見つけたということです。それは何年も何十年も続くと確信しています。

via TheGurdian

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720