XBOXプログラム管理マネージャー ジェイソン・ロナルド氏インタビュー。野心的な後方互換、古いタイトルをゲームパスに持ち込む課題、NETFLIXなどを語る。

マイクロソフトの新しいコンソールの発売を前に、Inverseが長いお髭が個性的なお馴染み、Xboxプログラム管理マネージャーのジェイソン・ロナルド氏にインタビューし、Xboxの野心的な後方互換プログラム、古いゲームをゲームパスに持ち込む際の課題、そしてNetflixとの比較について答えています。

後方互換性は、ここ数年のXBOXの主要な機能の一つであり、それはXBOXシリーズXとXboxシリーズS世代のためにも同様で、それは変わりません。チームは2016年から次世代機向けに取り組んできました。

「音楽や映画などのように、新しいデバイスを購入し、カタログが出てこないようなメディアは他にはありません。私たちは、ゲームでも同じような体験をしたいと考えています。人々が時間やお金を使い、私たちのエコシステムに投資することを選択して頂いた場合、私たちはそのお客様の投資を尊重したいと考えています。より多くのコピーを売るためではありません。それは我々が知っていて愛している芸術を維持することです。」

初日からスタートしました。私たちは2016年からXboxシリーズXとXboxシリーズSに取り組んできました。

実際にXboxsシリーズX、Sのシリコンを手に入れる前に、既存のゲームのパフォーマンスキャプチャーを取り、次世代チップのシミュレータで実行していました。これにより、シリコンを製造する前に、潜在的な問題があるかどうかを特定することができました。

また、ゲームがしっかりと継続して動作するかどうかをテストしました。次に、これらのタイトルの一部を強化する方法を検討します。そこで、Auto HDRのような技術が生まれたのです。

1つのゲームで16時間から24時間かかることもあるテストパスをここ1年ほど通してきました。私たちには約500人のテスターの部隊がいて、優先順位に基づいてすべてのテストパスを通過させました。彼らが問題を発見した場合は、下位互換性チームがそれを修正し、開発者の手を煩わせることはありませんでした。これらのゲームが継続して動作するようにする責任が私たちにはあります。

Xbox Oneの下位互換性に関する大きな課題の1つは、新しいハードウェアを古いハードウェアのように動作させることでした。これは、膨大な量のソフトウェアエンジニアリング作業でした。シリーズXとシリーズSでは、これが非常に重要になることは初日からわかっていました。

歴史的にも今までのゲーム業界は非常にデバイス中心でした。私たちは、デバイス中心ではなく、プレイヤー中心であることを目標に、このプログラムを開始しました。Xbox を購入するということは、エコシステムを購入するということです。ゲームライブラリ、アクセサリーまでもが付属しています。私たちは、既存のXbox Oneコントローラがこれらのコンソールでも動作するように、慎重に決定しました。

誰かがハイエンドのフライト・スティックやステアリング・ホイールを買ったとしても、コンソールをアップグレードしたからといって、新しいものを買う必要はありません。この基本的な信念が、私たちが下した多くの決断を形作っています。

XboxシリーズXの処理能力があれば、より良いゲームプレイが可能になります。さらに、プラットフォーム・レベルでの機能強化も加えています。Auto HDRは、Xbox Advanced Technology Groupによって開発されました。これは基本的には、ゲームの元々の非HDRアセットからHDRイメージを計算する機械学習のアプローチです。この処理はプラットフォーム・レベルで行われ、CPU や GPUリソースを必要としません。(処理負荷がほとんどない)

HALO5のSDRとオートHDRの比較デモ

        

ゲームはこれまでに見たことのないようなパフォーマンスを発揮します。私たちにとっては、ゲームの保存という考え方が本当に重要なのです。

Xbox 360で発売された『ジオメトリ・ウォーズ』のようなゲームを見ると、XboxシリーズXでは見た目もプレイも格段に良くなっています。「ジオメトリ・ウォーズ」はHDRの理想的な候補だったのですが、このゲームが開発された当時はHDRの技術は存在していませんでした。場合によっては、開発者が何もする必要がなかったにもかかわらず、リマスターのようにさえ感じてしまうこともあります。

XBOX ONEのDRMへの取り組みが多くの反響を呼びましたが、それが今回のアプローチに影響を与えたわけではありません。プレイヤー中心であることと、コミュニティからのフィードバックに耳を傾けることです。

ゲームが歴史的に行ってきたことを行うメディアは他にはありません。Xbox One世代の頃に、私たちが持っていたアイデアに特別なものがあったとは思いませんが、プレイヤーが何を望んでいるかに耳を傾け、それを可能にするために技術的にもビジネスモデル的にも新しい方法を考え出すことでした。

初代XBOXやXBOX360のゲームがGAME PASS入りさせる事は間違いなく検討しています。いくつかの課題の中には、技術的なものもありますが、多くの場合はライセンスの問題です。いくつかのタイトルでは、開発者、スタジオ、パブリッシャーはもう存在していないものがあります。誰から、どこの会社の承認が必要なのかを追跡することさえ、非常に非常に困難な場合があります。

NETFLIX

NETFLIXと私たちは違う考えを持っています。私たちが大好きなアートフォームをより多くの人に楽しんでもらうために、どうやって新しい方法を見つけられるかということです。多くの人がディスク版パッケージを好んでいますが、私たちはXboxシリーズXでそれをサポートしています。

もしかしたら、フランチャイズのゲームを初めてプレイする人や、エンターテインメントに割く予算が限られている人もいるかもしれません。ゲームパスがあれば、その障壁を取り除くことができます。より多くの人が好きなゲームを見つけてプレイできるように、どうやってその障壁を減らすか、それが私たちが本当に重視していることなのです。

新型コロナウィルス危機

史上最も野心的なコンソールを発売する大事な年に、よりによって前代未聞の世界的な大流行が起こるとは誰も予想していませんでした。そのため、ハードウェアの構築方法やOSの構築方法を再考する必要に迫られました。

研究室にも行けないし、これらのツールにもアクセスできないのに、どうやって何千ものゲームをテストするつもりなのか??私は、これらの問題を解決するために、チームがどのようにステップアップし、自分たちで違うことを考えて挑戦しているのか、、これ以上に誇りに思うことはできませんでした。

E3のような個人的イベントの未来

個人的にはE3とかGamescomとか東京ゲームショウとかそういうメジャーなイベントが懐かしいですね。今のこの状況は認識しておかないといけませんが、安全にできる方法が出てくると信じたいですね。ゲームはインタラクティブなメディアですからね。トレーラーなどを見ることはできますが、ゲームがどのように感じられ、どのようにプレイされているのかを知りたいですよね?コミュニケーションとマーケティングの面では非常に良い仕事をしてきましたが、もっと早くからゲーム機を体験してもらえれば良かったと思っています。

via Inverse

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720