フィル・スペンサー氏インタビュー。ゼニマックス・グループ買収とその後の展望、そしてHalo Infiniteについて語る。

XBOX部門のボス、フィル・スペンサー氏はKOTAKUの電話インタビューに応じ、 買収したゼニマックス・メディア・グループに関して、そしてHalo Infiniteについて話しています。一部、抜粋してご紹介します。

9月、Microsoftは突如、Bethesda、Id Software、その他Fallout、The Elder Scrolls、Doomなどを制作している一流スタジオの親会社であるゼニマックスメディアグループを買収すると発表しました。

今回の買収で、ファーストパーティとしてのゲームの数が増えたことで、マイクロソフトは月額定額のサブスクリプション・サービス、ゲームパスに恒久的なゲームリストが一気に充実し、xCloudを介して提供するコンテンツをより多く提供できるようになりました。

また、マイクロソフトのゲームストリーミングサービスは、プレイヤーがリモートでゲームにアクセスして、携帯電話やタブレットなどのデバイスでプレイできるようにするものです。

フィル・スペンサー氏は以前のインタビューで、ゼニマックスメディアグループのゲームは、既存の契約を尊重すると言っていましたが、タイムトラベルゲーム「Deathloop」のようなものは、以前の発表通りPS5の方が先に発売されるのではないかと示唆していました。

しかし、ファンの間では、ゼニマックスのゲームがXboxとPCだけの独占になるのではないかと懸念されています。つまり、PlayStationではFalloutが出なくなり、Skyrimの続編が出なくなるのではないか、ということです。

エルダー・スクロールズ6などゼニマックスのタイトルをプレイステーション5で出さなくても、75億ドルの投資を回収できるのか?という質問に、フィル・スペンサー氏は「YES」と即答しています。

しかし、スペンサー氏は、「手のひら返しはしたくないですね。今回の買収は、他のプレイヤーからゲームを奪うために行われたものではありません。より多くの人がゲームをプレイできるようにしたいのであって、ゲームをプレイできる人が減ることを望んでいるのではありません。

人々がどこでプレイするのかと デバイスの数を考えた時に、xCloudとPCとゲームパスとコンソールベースを持っているので、私達がサポートしているプラットフォーム以外の他のプラットフォームにゲームを出荷する必要はありません。それが何を意味するのかは分かりませんが。」と述べています。

マイクロソフトは以前に大きなスタジオ買収をしましたが、その後もXBOXだけでなく、マルチプラットホームで展開しています。それは、マインクラフトのMojangスタジオで、マインクラフトはSwitch、プレイステーション、iPhone、アンドロイドなど多くのプラットホームでリリースされています。そして、その後に発売された「マインクラフト・ダンジョンズ」もマルチ展開されています。

ですので、プレイステーション5でFallout新作や、エルダースクロールズ6が出てもおかしくはありません。それに、今のところフィル・スペンサー氏は、「今後のゼニマックス・メディア・グループのゲーム発売は、ケースバイケースで決定する。」と言っています。

一連の発言から推測するに、「ゼニマックス・メディア・グループ」のタイトルによってはXbox、PC独占タイトルとなる可能性は少なからずあるのかもしれません。

しかし、ゼニマックス・メディア・グループのゲームの新作が、Xboxとプレイステーション5でマルチプラットフォーム化が継続したとします。それでも、XBOXは優位に立つことができます。今やマイクロソフト傘下のスタジオとなったゼニマックス・メディア・グループの新作タイトルは、今後PlayStation5で発売されるとすると、当然フルプライスで販売されます。

しかし、Xboxではマイクロソフト傘下スタジオの開発する新作タイトルは全て、月額850〜1,100円のXboxゲームパスメンバーであれば、発売日に追加料金なしで直ぐにプレイ出来てしまうのです。これがXBOXの「強み」になります。この優位性は非常に大きいでしょう。

ユーザーからすれば、余計な出費が抑えられる上に、多数のタイトルを月額最大1100円だけ払っていれば、製品版を買うのと同じようにゲームをダウンロードしてプレイ出来てしまうのです。出費を少しでも抑えたいユーザーさんであれば、この価値は大いに魅力的になるでしょう。

Halo Infinite

マイクロソフトの傘下のファースト・パーティー・スタジオの新作は、次世代機の発売に向けて発売日はまだアナウンスされていません。「Gears 5」の次世代機用の強化版と、数ヶ月前にPC版で発売されたリアルタイム・ストラテジーゲーム『Gears Tactics』の移植版がリリースされます。

「Halo Infinite」はシリーズS、シリーズXにとってローンチタイトルの予定で、最大の目玉でマーケティングの主役にもなる予定でした。その影響は、XboxシリーズXのボックスデザインにHalo Infiniteのマスターチーフがいる事からも明らかです。マイクロソフトが初めてゲームプレイ映像を7月のショーケースイベントで披露した後に、賛否両論となりその1ヶ月後の8月に延期が発表されました。

そして、フィル・スペンサー氏は、1週間前に『Halo Infinite』をプレイしたようですが、「今はまだ更新がない」と語っています。また、他に7月のショーケースイベントで発表されたXboxシリーズS/Xのゲームの発売日は、コンソール独占となる「The Medium」で先日12月10日発売とアナウンスされました。しかし、マイクロソフト傘下のファーストパーティ新作の発売日のアナウンスはありません。

レアの新作「Everwild」、 Forza Horizonシリーズのプレイグラウンド・ゲームズの新しい「Fable」リブート作、 今年の夏に発売され非常に高評価を獲得した「Microsoft Flight Simulator」のコンソール版もまだ発売日のアナウンスはありません。

Kotakuは、MicrosoftがHalo Infiniteのキャンペーンを、マルチプレイヤーとは別の時期に提供することを検討するかどうかを聞いたところ、フィル・スペンサー氏は、もし、どちらかが先に完成していた場合、先に提供することも検討している。と回答しています。

「ボニー (ボニー・ロス=Haloフランチャイズの責任者で343スタジオのボス)と開発チームは、これらの決定を推進していきます。

私たちは人々に『Halo』を体験したように感じてもらいたいと思っていますので、そのようなオプションを検討することができると思います。ゲームの構造やストーリーを考慮した上で決定する必要がありますし、それは考えなければならないことだと思いますが、正しいことをしたいと思っています。」

と述べています。どうやらHalo Infiniteは場合によっては、マルチプレイ、キャンペーンが別々にリリースされる可能性もあるようです。

本来なら、シリーズX、シリーズSの目玉タイトルでもあり、XBOXを象徴するタイトルでもあるので、個人的には時間がかかっても構わないので、ここはジックリとブラッシュアップをして頂き、最高の状態にしてからの発売の方がありがたいですし、そうすべきではないかと私は思います。

via KOTAKU

2 件のコメント

    • SCORN、中々新情報が出て来ないですよね。。
      ま、紆余曲折あるタイトルなので、やや心配ですねw

      The Mediumは12月10日ローンチ決まったので、
      SCORNもそろそろ新情報欲しいところですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720