LGエレクトロニクス 4K TV各モデルでnVIDIA RTX30シリーズ接続時に出ていた不具合の修正アップデート「バージョン03.11.20」を配信。

LGエレクトロニクスが4K NANO液晶パネルの4K TV NANO91シリーズOLED BXシリーズでnVIDIA GeForce RTX 30シリーズグラフィックカード接続時の互換性の問題を改善した、修正ファームウェア・バージョン03.11.20配信しました。

アップデートノートには「RTX 37」と記載されていますが、おそらくRTX 30の記載ミスかと思われます。

今回のアップデート対象モデルは以下の通りになっています。

75NANO91JNA 
86NANO91JNA 
49NANO86JNA 
55NANO91JNA (当ブログ管理人が使用中のモデル)
65NANO91JNA 
OLED65BXPJA 
OLED55BXPJA  

個人的にもRTX3090もあるので、丁度良いタイミングでのアップデートで助かります。

LGのNANO91シリーズは4K NANOセル液晶採用した4K液晶TVで直下型バックライトLED方式を採用し、HDMI 3と4の入力端子2つが、HDMI2.1端子を搭載していて、4K 120Hz入力、4K 120fpsも可能で、更にnVIDIA G-Sync、アップデートでFreeSyncにも対応しています。

次世代ゲーム機PS5、XboxシリーズX、シリーズSを活かすには、LGのOLED CXと並んでオススメの機種です。

最近、のアップデートでアップルTVアプリも搭載されており、アップルTVも観れるようになっています。ただし、特典映像付のiTunes EXTRA盤の特典映像を見る事は出来ません。特典映像を見る場合は、アップルTVから見ることになります。

テック解析でも知られるデジタルファウンドリでも次世代機用4K TVには LGのOLED CXシリーズを筆頭でオススメしており、同じく4K NANO液晶のNANO91も推奨されています。LGは比較的価格も手頃なので、オススメだと思います。

国内勢のソニーや東芝なども速くHDMI 2.1端子搭載で4K 120Hz入力、4K 120fps対応機種を出して欲しいものです。

🔚

6 件のコメント

    • RTX3090が明日なので助かりましたw

      東芝もソニーも対応が遅いですよね。。
      その点、LGもそうですけど海外勢の対応の速さは
      さすがだと思いますね。。しかもFreeSyncやGーSyncまで対応させて
      PCユーザーまで4K TVに引き込もうとしていますしね。
      もう少し、スピード感持って対応して欲しいですよね。

  • もしよろしければ所有しているガジェットを教えて頂けると嬉しい限りです。先日オーテクのヘッドホンのレビューを拝見させて頂いて、管理者の方は無闇に高い機器ではなく価格対比性能も見ているのかなと思いました。実は音関係はフラシーボが高いジャンルなので。私は基本スペックシートから入ってから秋葉で試聴出来そうなものはして、他の方のレビュー、いつもデータを取っている方のレビューを見させて頂いてセレクトしています。ただ裕福ではないのでコスパも重視です(笑)

    • 使用しているガジェットはですね、、えーと
      iPhone11ProMax、Galaxy Note10+、iPadPro13inch、iMacPro、WindowsPC
      アップルウォッチくらいでしょうか?
      ヘッドフォンはオーテクのR70Xがメインで、後はソニーの1000XM3、Beats Studio3、AirPodsPro
      ですね。

      基本、ハイエンドホームシアターやハイエンドオーディオは東京にいる時に散々やってみて感じたのですが、
      満足出来る製品もありましたけど、価格を考えるとどうなのかな?というのもありましたよね。。

      ましてこうもデジタル全盛になると、昔のアナログ世界と違ってハイエンドとミドルクラスの差は以前ほどはないと
      感じています。ですので、低価格やミドルクラスでもハイエンドに迫る製品が出て来ているので、
      価格と性能のバランス重視な印象です。そんな事言いつつコスパの悪いRTX3090買ったりしているんですが^^;

  • わざわざありがとうございます。アナログの驚愕の世界をご存知なんですね。凄く前にモノラル マークレビンソン セット✕2台 JBL K2 フィリップス リファレンスプレーヤー というセットで某音響関メーカーで聞かせて頂いたことがあります。1番の違いは音量に比べてのSN比と出音の豊かさだったのを覚えています。これが今はデジタルとヘッドホンである程度までいけるのが凄いと感じます。3090のくだりは、なんとなく分かります(笑)好きな方は今回はその映像世界を見てみたいですよね。あとはフル企画の素材があるんでしょうか?あっメーカーのリファレンスでフルなんでしょうか?どちらにしろ写す画面もあるんでしょうか?

    • JBL、K2、レビンソン(しかもモノラルx2台!)にフィリップス!もう黄金の組み合わせですねぇ

      自分が使っていたのは、そこには及ばないレベルですけど、CDがWadia、マッキンットシュC30のプリとMC500パワーアンプですね。
      パワーアンプは後にマッキントッシュは処分して、ホームシアター用に全チャンネルをアムクロンのスタジオリファレンスにしました。
      アムクロンの方がマッキントッシュより遥かに駆動力がありました。見違えるようにATCが躍動して音が
      出るようになったのを覚えています。

      スピーカーはATC100slでした。ホームシアターではフロント3chをATC100sl(センターは特注)
      リアもATC50sl、サラウンドはLexicon、
      プロジェクターはBARCOのCineMaxの3管を使ってました。

      子供が小学校に進学するのをきっかけに湘南に移住し一旦リセットで処分したんですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720