フィル・スペンサー氏「クラウドゲームの成長に関係なく、XBOXは将来的に、さらに多くのコンソールを”確実に”計画している。」

Xbox部門の責任者であるフィル・スペンサー氏は、「プラットフォームホルダーは、クラウドゲームの成長に関係なく、将来的にはより多くのコンソールハードウェアを間違いなく計画している。」と断言しています。

マイクロソフトのクラウドゲームサービス「xCloud」は、今月初めに月額1100円の「Game Pass Ultimate」メンバーには、フリーで提供され開始されました。その1週間後にAmazonがゲームストリーミングスペースに参入し、MicrosoftとGoogleのStadiaの両方に対抗するつもりであることを発表しました。

ヤフーファイナンスのインタビューで、クラウドゲームへの重点的な投資は、次のコンソール世代が最後になるのではないか?との質問にXbox部門責任者のフィル・スペンサー氏は、「Xboxは「確実に」より多くのコンソールハードウェアの計画をしている。」と明言しました。

「我々はプレイヤーを中心に据えようとしています。もうセンターにあるデバイスのことではありません。他のあらゆるメディアでは、TVはどこに行っても私の手元にあり、音楽もどこに行っても私の手元にあります。ゲームも同じように変革を遂げようとしていると思います。ゲームパスの加入者であれば、XboxでもPCでもAndroid携帯電話でも、ストリーミングで素晴らしいゲームをプレイできるようになりました。」

「将来のハードウェアに関しては、「絶対に」、将来的にはもっと多くのコンソールハードウェアが登場すると思います。ビデオや音楽のように、ストリーミングがデバイスの革新を妨げているわけではありません。私たちはそれを見続けると思いますし、それは間違いなく私たちが計画していることです。」

と述べています。

ゲームパスやXクラウドが立ち上がり、Amazonもクラウドゲーミングサービス「Luna」を発表し、いよいよクラウドゲームがより広範に普及し始めると、コンソールの存在自体が危ぶまれる声も一部ありましたが、XBOX部門責任者であるフィル・スペンサーさんは「今後もXBOXコンソールの計画は「間違いなく」存在している。」と明言したことで、Xboxユーザーさんは一安心と言ったところでしょうか。

クラウドゲーミングは5Gがようやく立ち上がったにしても、ネットインフラは世界的に見てもまだまだ発展途上で、クラウドゲーミングに全面移行するのはまだまだ先と思われるので、コンソールゲーミングは当分は続くと見て良いという事です。🔚

via YahooFinace

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720