【少ない。。】XboxシリーズXの内蔵SSDの実質使える容量は802GBと判明。拡張SSDカードは920GB。

XboxシリーズXは、802GBの使用可能なストレージを搭載、1TBの拡張カードは920GBを搭載。

マイクロソフトは、今年の11月10日にXboxシリーズX、シリーズSを発売し、デバイスは現在、一部のメディアの手に渡っています。IGN USAのハンズオンレポートによると、XboxシリーズXは、1TBの高速な内蔵 NVMe SSDドライブを搭載しており、ゲームやコンテンツのために802GBの使用可能なスペースを確保していると報告されています。

XboxシリーズXは1TBを搭載していますが、他の最新ゲーム機と同様に、オペレーティングシステム(OS)やシステムファイルがスペースの一角を占めています。約198GBが予約スペースに使われているとのことで、実質使える802Gということになります。この数値は、2017年に発売されたXbox One Xが1TBの内蔵ハードドライブに同様の割り当てを行ったことと一致しているようです。

こうなると、より少ない内蔵SSD512GBのシリーズSが実質どれくらいの容量しか使えないのかが気になるところですが、まだ明確にはされていません。しかし、この容量から推察するに、実質300GB強しかない可能性もあります。

マイクロソフトが、シーゲイト社と共同開発した拡張SSDカードは、内蔵SSDの速度に合わせた1TBの外付けSSDカードで、920GBが使用可能となっているようです。

このコンパクトなSSD拡張カートリッジは、シリーズS、シリーズXの背面にある専用ポートにスロットインし、PCIe 4.0接続でCPUへのダイレク接続されます。

Xbox用シーゲイト拡張SSDストレージは、その最先端の仕様により、米国での希望小売価格は220ドル(日本では32,000円との噂も)と決して安くはありません。

しかし、1TBのシリーズXで802GBとなると、PS5の内蔵SSD容量は825GBなので、実質使えるSSDストレージ容量は700GB近辺になる可能性もあります。

次世代機で高速SSDが標準装備になり。格段にロード時間が短縮されるのは大いに結構なのですが、それと引き換えにストレージ容量に頭を悩まされそうです。。外付けHDDと高速SSDとのやり繰りに苦労しそうです。🔚

via IGN USA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720