【史上最大の巨大なコンソール】台湾のNCCがPlayStation5の大きさが分かる、様々なアングルのスケール写真が多数公開。

ソニーの次期PS5ハードウェアが台湾の国家通信委員会(NCC)に公開され、次世代機のクローズアップ写真が初めて公開されました。NCCは様々な画像(PDF)を公開しており、PS5を横向きに寝かせた状態、付属のケーブル類、取り外し可能なベースを使用して縦置きと横置きの両方の状態でゲーム機を固定しています。

写真を見ると、PS5の大きさがよくわかります。今週の初めに、PS5はゲーム機史上、最大の大きさのゲーム機であり、Xbox Oneのビデオデッキのような形状や、ソニーのPS3をも凌駕している大きさであることが明らかになりました。ソニーは今週のPS5イベントで公式の寸法をようやく発表しましたが、それにはオプションのベースの寸法は含まれていません。

これらの写真から明らかなように、PS5をリビングのシステムラックに設置するのは、XboxシリーズXと同様に大変なことになりそうですね。どちらのコンソールも、主に縦置きを前提に設計されているようで、横置きはかなり扱いづらくなっているように見えます。

残念ながら、今回の写真ではPS5のNVMe M.2スロットへのアクセス方法を詳しく見ることが出来ないようです。

ソニーは、PS5のSSDストレージ容量を拡張できるようにしていますが、これがどのように機能するのか、まだ詳細は明らかになっていません。ソニーは、PS5のハードウェアは前世代のプレイステーションコンソールにはなかったカスタマイズが可能であることを明らかにしています。更に、前例のないカスタムモデルも出てくるという噂もあります。

ソニーはPS5を11月12日に日本で発売し、価格は税抜き価格49,980円。また、ディスクレスのPS5デジタルエディションも税抜き価格39,980円ドルで発売されます。ソニーは今週初めにPS5のゲームが70ドルまでになることを明らかにしています。

via TheVerge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720