【海外記事】XBOX SERIES Sは次世代ゲームを阻むのか?マイクロソフトXBOXプログラム管理責任者:ジェイソン・ロナルド氏インタビュー

Microsoftは先週、XboxシリーズSを明らかにし、299ドルでより予算に優しい次世代ゲームを提供することを目指しています。このコンソールは4Kではなく1440pの解像度をターゲットにしており、次世代ゲームをどれだけプレイできるかについての疑問や混乱が続いています。

GPUやメモリなどの性能で、シリーズSが次世代ゲームを抑制してしまうのではないかと懸念されています。

マイクロソフトのXboxプログラム管理責任者であるジェイソン・ロナルド氏と話をする機会を得たので、XboxシリーズSの本当のところを掘り下げてみました。

大きめのXboxシリーズXとXboxシリーズSの最大の違いは、サイズやデザインとは別に、内部に搭載されているGPUです。Xbox Series SのGPU性能が4テラフロップスなのに対し、Xbox Series Xは12.15テラフロップス。また、小型のコンソールでは、シリーズXよりも動作が遅いRAM(16GBではなく10GB)も少なくなっています。それ以外の点では、Series Sは同じSeries XのCPUを少し遅い速度(-200MHz)で動作させ、ストレージは1TBではなく512GBのSSDを搭載しています。

マイクロソフトが安価なシリーズSコンソールに対応するために行った変更のいくつかは、このコンソールが一般的に次世代ゲームを抑制するかどうかについて多くの議論を生み出しています。

「シリーズSのRAMの状況については、本当にうんざりしています。」id Softwareのプリンシパル・エンジン・プログラマーであるAxel Gneiting氏は、現在は削除されたツイートの中でこう述べています。「これを補うのは容易ではないし、次世代マルチプラットフォームではかなりベーススペックを下げてしまう。」id Softwareのリードエンジンプログラマーであるビリー・カーン氏は、Axel Gneiting氏の懸念を共有した。「Sではメモリの状況が大きな問題になっている。」ビリー・カーン氏は別の削除されたツイートで述べました。

「メモリ量が大幅に減ったことと、速度が劇的に遅くなった分割メモリバンクが大きな問題になるでしょう。積極的にレンダー解像度を下げることで、多少は改善されますが、完全に欠点を解消することはできません。」

Remedy Entertainmentのシニア・テクニカル・プロデューサーであるSasan Sepehr氏もまた、短い懸念を共有していました。「消費者として、私はこれを愛しています。でも、技術プロデューサーとしては問題があると思う。」と述べています。

https://twitter.com/xc4rm1n3x/status/1303578393619894272?s=21

これらの懸念事項はすべて合理的に見えます。紙面上では、メモリとGPUの違いは大きなギャップのように見えますが、マイクロソフトがシリーズSで1440pの解像度をターゲットにしていることを考えると、現実はもう少し複雑です。XboxシリーズXが設計されているのは、4Kではないのです。

MicrosoftのXboxプログラム管理責任者であるJason Ronald氏がThe Vergeのインタビューで語っています。

「私たちは、4Kで60fpsでゲームを実行し、それを1440P 60fpsにスケールダウンすることが、本当に意味があるのか多くの分析を行いました。実際には、最高レベルのMIPレベルをメモリにロードしていないので、それほど多くのメモリ帯域幅を必要としません。同じようにメモリも多くは必要ありません。」

Microsoftは、XboxシリーズXのゲームを4K解像度用に構築し、シリーズS用に1440pにダウンスケールする方法がいくつかあると開発者は考えています。

開発者は、タイトルの解像度を変更したり、動的な解像度でフレームごとにスケーリングしたりと、さまざまなテクニックを持っています。これは、特に今世代の終わりに向けて多くの採用が見られました。

これは、両方のコンソールがほぼ同じCPUとI/O性能を共有している場合、既存のコンソールがボトルネックになっている場合に特に重要なことです。

Microsoftは、Xbox One XでGPU性能を向上させることに注力しており、PS4 Proの4.2テラフロップスを上回る6テラフロップスをマーケティングポイントとして利用していました。

しかし、Xbox One XはCPUとI/Oの両方のレベルで酷いボトルネックになっていました。マイクロソフトは、ノートパソコンのような非力なCPUとハードドライブを搭載したデバイスの内部に、より高性能なGPUを効果的に押し込みました。それでなんとか4Kを達成していましたが、CPUのボトルネックで本当に多くのゲームが4K 60fpsに到達する事が困難でした。

では、XboxシリーズSは旧型のXbox One Xと比較してどうなのでしょうか?

ページ2へ

3 件のコメント

  • ちょっと気になるのが、カプコンがPS5の発表動画で出してきたデビルメイクライ5とバイオ8が、XboxシリーズXのみ公式ページに記載されていることですね。最初からシリーズSを切り捨てるメーカーも出てくるのでしょうか。

    • まだ公式確定したわけではないんでしょうけど、ちょっと気になりますね。。
      解像度が1080P〜1440Pなので、切り捨てるほど低性能ではないと思うんですけどね。
      一応次世代アーキテクチャですしね、、

  • Series S については、海外のゲームニュースサイトでは confirmed for Xbox Series S/X & PlayStation 5 と書いてあるところもありますね。
    https://www.videogamer.com/news/devil-may-cry-5-special-edition-confirmed-for-xbox-series-sx–playstation-5

    Series S については単に併記していないだけな可能性が高いと思います。
    さすがに、次世代タイトルをプレイしたいが4Kは必要ないユーザ向けにSがあるという根底を覆すようなことを MS が許すとは思えませんし。
    (Xでは120fpsモードがあるがSでは60fpsまで、のような違いとかならまだしも)

    とはいえ、こういうことでユーザに無用な混乱が生じるのは得策ではないので、MSは「Series X 専用タイトルは出ない (どのタイトルも必ずXでもSでも動作する)」というアナウンスを出したほうがいいかもしれないですねー。

    そして、PC(Steam)版については、「今のところリリース予定なし」と発表したところさっそく低評価爆撃を受けているみたいです…。
    https://www.eurogamer.net/articles/2020-09-17-capcom-says-devil-may-cry-5-special-edition-wont-come-to-pc
    https://store.steampowered.com/app/601150/Devil_May_Cry_5/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720