nVIDIA GeForce RTX30シリーズASUS,Inno,AORUS,MSiなど各メーカーカスタムモデルの価格(ポンド、円も記載)リスト

NVIDIA GeForce RTX 3090, RTX 3080, RTX 3070 カスタムモデルの価格を発表しています。全てUKポンドで各社のノウハウを活かしたオリジナルファンなどが装備されているプレミアムモデルのため、少し高くなっています。

NVIDIA GeForce RTX 3090、GeForce RTX 3080、GeForce RTX 3070の価格は、冷却、デザイン、PCBやグラフィックスカードの全体的な品質に基づいて異なります。基本希望小売価格で販売されているモデルもいくつかありますが、工場出荷時のオーバークロック設計を高速化したプレミアムモデルや、よりハイエンドの冷却システムを搭載したモデルもあります。

AIBsがGeForce RTX 30シリーズカードのために用意した見事なカスタムデザインをまだチェックしていないのであれば、ぜひこちらでご覧ください。価格リストは以下の通りです。一応、2020.09.02 21:00時点の最新のスターリングポンド円レート従った日本円も記載しておきます。掲載したリストにないですが、Palitはこちらに掲載されています。

NVIDIA GeForce RTX 3090カスタムモデル各社 価格リスト (Via OCUK):

NVIDIA GeForce RTX 3080 Custom Model Price (Via OCUK):

モデル名NVIDIA GeForce RTX 3070NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 3090
GPUAmpere GA104-300Ampere GA102-200Ampere GA102-300
プロセス・ノードSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nm
ダイ・サイズ395.2mm2628.4mm2628.4mm2
Transistors17.4 Billion28 Billion28 Billion
CUDA Cores5888870410496
TMUs / ROPsTBD272 / 96TBD
Tensor / RT Cores184 / 46272 / 68328 / 82
ベースクロック1500 MHz1440 MHz1400 MHz
ブーストクロック1730 MHz1710 MHz1700 MHz
FP32 Compute20 TFLOPs30 TFLOPs36 TFLOPs
RT TFLOPs40 TFLOPs58 TFLOPs69 TFLOPs
Tensor-TOPs163 TOPs238 TOPs285 TOPs
Memory Capacity8/16 GB GDDR610/20 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
Memory Bus256-bit320-bit384-bit
Memory Speed16 Gbps19 Gbps19.5 Gbps
帯域幅512 Gbps760 Gbps936 Gbps
消費電力220W320W350W
希望小売価格$499 US$699 US$1499 US
発売日2020年10月9月17日9月24日

プレミアムモデルはベースのMSRP(希望小売価格)から大きく外れることはありません。これらのモデルはリストアップされていますが、それぞれの発売日には発売されません。NVIDIA GeForce RTX 3080は9月17日に発売され、参考価格は699ドル(US)または649ポンド、GeForce RTX 3090は9月24日に発売され、参考価格は1499ドル(US)または1399ポンド、GeForce RTX 3070は10月に発売され、参考価格は499ドル(US)または469ポンドとなっています。

既に、nVIDIA 日本でも価格が表示(RTX3090で229,800円、RTX3080 109,800円、RTX3070 79,980円)はされていますが、ライターの加藤氏によると、日本でファウンダーズエディション(FE)の販売予定はないようです。ですので、どうしてもFEが欲しい場合は、海外ルートしかないという事になります。

カスタムモデルがFounders Editionモデルと同日に発売されるのか、それとも少し遅れて発売されるのかは今のところ不明となっています。間違いなく争奪戦となると思うので、アンテナを張っていないと初回出荷分でのゲットは厳しいかもしれません。私も米国ルートと国内の某ショップに声はかけておこうと思います。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720