有名な元HaloのライターJoseph Staten氏が『Halo Infinite』に復帰-Halo神話のベテランの一人が戻ってくる-

WindowsCentralによると、Halo universeの元祖の一人であるJoseph Staten氏が343 Industriesと協力し、Halo Infiniteに取り組むと情報筋から聞いたとの事。現在は本人が確認しています。具体的には、Staten氏はゲームのキャンペーンのプロジェクトリーダーとして働いているとのことです。

Haloに関しては、以前Staten氏はBungieのシネマティクス・ディレクターを務め、Halo: Combat Evolved、Halo 2、Halo 3、Halo 3: ODST、Halo: Reachでミッション・スクリプトとカットシーンのセリフを担当していました。

さらに、Halo 3: ODSTのスーパー・ディレクターやコヴェナントの敵グラントの声を担当し、Halo 5 Guardiansでは再びその役割を担いました。そして最後に、彼は2015年のHaloアンソロジー本『Halo: Fractures』に収録された短編小説『Halo: Shadow of Intent』も執筆しています。

Staten氏は、これまでのHalo作品に加えて、Xbox Game Studiosのシニア・クリエイティブ・ディレクターを務めながら、長年にわたっていくつかのプロジェクトに大きく貢献してきました。最近では、2016年のSFアドベンチャータイトル『ReCore』の制作、アクション満載の『Crackdown 3』への貢献、DONTNOD EntertainmentのXboxとWindows 10向け独占タイトル『Tell Me Why』への協力などが挙げられます。

WindowsCentralの情報筋によると、Staten氏がHalo Infiniteに参加することは、ゲーム開発により多くの専門知識を提供するための動きであるとのことです。

また、Halo: The Master Chief Collectionのパブリッシングチームを率いていたPierre Hintze氏もHalo Infiniteのプロジェクトリーダーとして参加しているようです。

Halo Infiniteは現在、Xbox Series X、Xbox One、Windows 10 PCで2021年のいつかに発売されると予想されています。当初は2020年のホリデーシーズンにリリースされる予定でしたが、最終的には延期されることになりました。

初期~黄金期のHALO開発に携わったベテランを相次ぎ参加させている事からも、マイクロソフト、343がHaloファンを裏切らない、過去最高、最大規模のHalo作品に仕上げようという意気込みが感じられます。

延期は残念ですが、水面下ではHaloのベテランが加入しテコ入れが行われているようなので、来年のいつになろうと期待したいと思います。🔚

via WindowsCentral

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720