【米国盤】ワーナーがスタンリー・キューブリックの名作「フルメタル・ジャケット」を遂に4K UHDブルーレイ化。Vフォーヴェンデッタも豪華Exclusive Giftset BOXで4K UHDブルーレイ化。

         

ワーナーがついにスタンリー・キューブリック監督の『フルメタル・ジャケット』を4K Ultra HDとデジタルで、9/22に米国でリリースすることを正式に発表しました。『2001: A Space Odyssey』や『The Shining』と同様に、キューブリックの長年の個人アシスタントであるレオン・ヴィタリー氏の監修のもと、オリジナルの35mmカメラのネガから4Kでリマスター化。既存の英語5.1 DTS-HDマスターオーディオのサウンドトラックとともに、HDR10のハイダイナミックレンジを収録。

エクストラは、キャストのアダム・ボールドウィン、ヴィンセント・ドノフリオ、リー・アーメイ(残念ながら2年前にお亡くなりになっています。)、評論家のジェイ・コックスによるオーディオコメンタリー、「フルメタル・ジャケット:善と悪の狭間で」、映画の劇場予告編など、前作のBlu-ray版から引き継がれます。

既に米国Amazonで予約開始されていて、27.99ドルのプライスがついています。シャイニングでは4K UHDもブルーレイも日本語UI、字幕、音声が付いた事実上の日本盤仕様と同じだったので、今回のシャイニングも期待したいですが、今のところ細かい仕様はわかっていません。おそらく、シャイニング同様に収録されている可能性はゼロとは言い切れません。

シャイニング日本盤は米国盤から約1ヶ月強遅れで発売されたので、今回のフルメタルジャケット4K UHD 日本盤も、10月〜11月くらいには発売するかもしれません。

合わせて、Vフォーヴェンデッタの4K UHDブルーレイの豪華特典ギフトBOXセットもamazon USで予約開始され、ベストセラー#1になっています。リリース日はまだアナウンスされていません。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720