【延期で正解】Halo Infiniteの発売延期が、最終的には良い結果になる理由はここにあります。

Halo Infiniteの2021年に延期のニュースはファンにとっては残念なものですが、最終的にゲームと開発者にとっては良いことだと思います。

先日、マイクロソフトと343 Industriesは、新型コロナウィルスの感染拡大危機による開発上の問題により、Halo Infiniteが2021年に延期されたことを発表しました。このニュースは、Xboxのフラッグシップ・フランチャイズのファンにとって大変大きな痛手であり、私自身もHaloファンであるため、この発表は当初、腹にパンチを食らったように感じました。

我々は最近のゲームプレイデモを見て、いくつかの問題があったにもかかわらず、好きな部分もたくさんあったので、それが年末にプレイ出来ないと思うと、がっかりしています。

Image:Microsoft

しかし、少し考えてみると、最終的にはこの遅延はHalo Infiniteとその開発者の両方にとって正しい判断だったと感じています。

第一に、Halo Infiniteの開発期間が長くなったことは、343 Industriesがゲームの公式ゲームプレイを公開した後の、ファンからのフィードバックを反映させる時間が増えたことを意味しています。

Image:Microsoft

主に、照明やテクスチャのディテールに問題があるとして、ゲームのビジュアルに批判的な声が寄せられています。343 Industriesは最近のブログ記事で、Halo Infiniteのアートスタイルを支持する一方で、デモが古いビルドで公開されたことにも言及し、ファンからのフィードバックなど多くの側面から 「新たな検討事項が明らかになり、チームは非常に真剣に検討し、評価に取り組んでいる 。」としています。

さらに、開発者は 「これらのエリアのいくつかに対処し、最終的なゲームの完成度と全体的な作品のレベルを上げるための作業をしなければならない。」と認めています。

343 Industriesは、Haloファンのゲームプレイデモに対する意見をもとに、Halo Infiniteのグラフィックに変更を加えることになりそうです。2020年の年末にゲームを手にすることができないのは残念ですが、この延期によって開発者はHalo Infiniteのビジュアルを更に改善するために必要な時間を確保することになるのは間違いありません。

Image:Microsoft

長年にわたり、強大な影響力を誇ったHaloフランチャイズは、一人称視点のシューティングゲーム市場での熾烈な競争激化により、人気が低下していました。しかし、オープンエンドで探索を重視したキャンペーン、無料で遊べるマルチプレイヤー、そして将来のHaloコンテンツのプラットフォームとしての位置づけから、『Halo Infinite』はHaloを再び上位に押し上げる可能性のあるゲームになりそうです。ただし、それはプレイヤーがフラッグシップAAAタイトルに期待しているような洗練された高品質な状態でゲームが発売された場合に限ります。

Haloがバグやサーバーの安定性の問題で苦戦しているのは以前にも見たことがあります。2014年にXbox Oneで発売された『Halo: The Master Chief Collection (MCC)』では、343 Industriesが見事にパッチを当てたものの、その後数年ゲームの評判にダメージを与えています。さらに、MCCゲームのPC版の問題、特にHalo 2 Classicのマルチプレイヤーの問題は、いくつか類似した状況につながっています。

今回の延期により、343 Industriesは、現代のAAAゲームに必要とされるすべてのシステムとインフラストラクチャに支えられた、洗練され安定した状態でHalo Infiniteを発売するために必要な時間を確保することになります。

これはXboxシリーズXがフラッグシップゲームを発売しないことを意味し、2020年11月に発売予定のゲーム機に問題をもたらす可能性があることを意味します。しかし、長期的に見れば、『Halo Infinite』の発売は、早く発売し安定性に欠けた問題がある可能性のものではなく、発売は遅れますがより洗練されたものになる方が良いと思います。マイクロソフトにとって、短期的には良くないことかもしれませんが、プレイヤーにとってはより良い製品になることは間違いないでしょう。

Image:Microsoft

最終的には、開発者やプレイヤーにとって正しい選択。

結局のところ『Halo Infinite』を遅らせることは、プレイヤーのためだけでなく開発者の健康と安全のためにも正しいことなのです。Halo Infiniteの延期を発表した343 Industriesのスタジオ責任者Chris Lee氏は、「このホリデーに出荷することは、我々のチームの安全やゲーム全体の成功にとってよいことではない 。」と述べています。これはここ数ヶ月、多くの開発者にとってそうであったように、自宅でHalo Infiniteを開発することが343のスタッフにとって、いかに困難でストレスの多い作業であったのか物語っています。

この遅延はファンの立場からすると残念なことですが、開発者の健康と安全を優先させることは非常に重要なことです。私たちのお気に入りのビデオゲームの背後にいるクリエイティブな頭脳はロボットではなく、人間です。彼らは新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けています。

重要なのは、延期が必ずしも健全な開発環境につながるとは限らないということです。例えば、Naughty Dogの従業員は「The Last of Us Part 2」が発売延期したにもかかわらず、強烈な緊張感に苦しんでいました。ある開発者は次のように述べています。 「延期がストレスを解消するためのものだと考えている人や、チームの負担を軽減するためのものだと考えている人は間違っている。開発ペースを落としているわけではないということです」と語っています。

しかし、Lee氏の声明は、Halo Infiniteの遅延が343 Industriesのスタッフの健康状態に関する懸念に起因するところが大きいことを示唆しています。マイクロソフトと343 Industriesの幹部がスタジオの従業員のために正しく行動することを願うばかりです。

私たちは『Halo Infinite』を5年も待ちました。ゲームの開発者が健全な状態を維持するために、もう少し待たなければならないならば、それはそれでいいのです。

『Halo Infinite』は現在、XboxシリーズX、Xbox One、Windows 10 PCで2021年の発売が予定されています。

via WindowsCentral


Xbox Series X、Xboxの年末発売ソフト最大の目玉でもあったHalo Infiniteが2021年に延期になってしまったことで、賛否両論渦巻いていますが、記事でも触れている通り、新型コロナウィルス感染拡大危機による開発スタジオへの影響は、想像以上に悪影響を与えているということです。ゲームの規模が大きくなればなるほど影響も比例すると思いますし、リモート作業では当然スタジオで開発するより効率は落ちるでしょうし、本当に大変なんだろうなと思います。

ユーザー、顧客として文句を言う権利はあると思いますが、やはりここ数ヶ月の状況というのは、前例のない異常事態なんだという事をよく踏まえて考えないといけないのではないかと思います。新型コロナウィルスの危機で世界各国のGDPが落ち込む中、リモートワークなどで自宅にいる時間が多くなり、ゲーム事業が好調とは言え 、次世代ゲーム機を発売する年、タイミングとしては最悪だと思います。

マイクロソフトが、無理をして年内に販売したところで、煮詰め切れてない出来だったり、不具合、バグなどで批判が出て結果的に延期すれば良かったのに、、という声が出るはずで、そうなると作品、ブランド自体のイメージが落ちてしまいます。マイクロソフトもそれだけは避けないといけないわけで、そうなると延期はこの状況下では必然だったのかも、、と思います。

最近ではPC版Horizon Zero Dawnで多数の不具合問題もありました。まだ不具合問題は解決されていません。真相は分かりませんが、これもコロナ危機による開発環境の効率低下による影響なのかもしれません。Ghost of TsushimaもThe Last of Us Part 2も発売を延期したことで、更に作品の完成度を高められたのかもしれませんし、「発売延期=改善」というポジティブな捉え方は大事かもしれません。🔚

4 件のコメント

  • その延期で目指すクオリティで今年出す予定だったんだから、ただの失敗。
    343は今年に完成させた後、ちょっとの休暇で次の計画に移る予定だったわけだからその新しい計画も1年の延期。
    開発にはTurn10からもスタッフが手伝っているらしいので、その人たちの仕事も1年延期。
    Forzaの計画に支障が出る。
    さらにゲームパスはこのゲームで加入者を大幅に増やす予定だったので、それも先延ばしになった。

    現実に残ったのは、大作0での新ハードロンチと言う前代未聞
    の状況に置かれた新型ゲーム機。

    • まんまPS5で笑った。
      ローンチがスパイダーマンプラスDLCという悲惨なPS5笑
      下位互換やレイトレもろくに出来ないガッカリハードが次世代機という前代未聞の残念状態。
      ゲーパスの様なサービスもなければ国内ですら悲惨な状態でお先真っ暗。
      いかにも非ゲーマーなPS信者らしい願望お疲れさん笑笑

  • 蛇足だけど、海外(英語圏)のゲームメディアなんてどこも箱持ちあげるとこしかないから、あんたネタ探しにはほんと困らないだろうなぁ。
    ただ、そのゲームメディアの言い分を本気にしてたら
    今の箱の現状って全く説明がつかなさそうだ。

    • 盲目ヤバッ!?
      PS5なんて異常に持ち上げられてたが?
      まあ、性能・サービスで負けてしまっているPS5に耐えれなくなって幻視してしまっている様だ笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720