HBOの『ラスト・オブ・アス』ドラマ・シリーズには、オリジナルゲームから取り残された 「唖然とする 」瞬間が含まれます。—「そう、私たちは確かにそうしなければならない。」—

              

HBOドラマで数々の賞を受賞した「チェルノブイリ」の生みの親であるクレイグ・メイジンが、ノーティードッグと共同で製作している『The Last of Us』のテレビドラマ化について、HBOでの公開を目指していることが明らかになりました。

メイジン氏はBBCの取材に応じ、シリーズ2作のゲームから想像されるシーンを織り交ぜた新素材をどのように盛り込んでいくのかを話した。

「私たちは新しいものを創造していますし、既に存在しているTVゲーム2作からTVドラマという別のフォーマットでそれを見せるために、色々と考えています。」メイジン氏はBBCの「Must Watch」に語った(最後の10分をスキップして、The Last of Usについての彼のコメントを聞くためにフルで聞くことができます)。

「私たちの目標は、『ラスト・オブ・アス』に恋をし続けることではなく、別の方法で再び恋に落ちてもらうことです。」とメイジン氏は続けます。プレイするのではなく、受動的にゲームを楽しむ方法ですが、より多くのキャラクターとより多くの方法で、より多くの経験をすることになるでしょう。良いものができたと思います。」とコメントしています。

「もしあなたがゲームをプレイしたことがあるなら、あなたがこの番組を見て、『これは私がゲームを愛していたこと、ゲームの中で目撃したことを何も壊しておらず、それ以上のものをもたらしてくれた。私が知らなかったこと、本当に驚くべきことだ。』と言ってくれることが私の意図です。」

Image:Sony

メイジン氏は、「The Last of Us」のクリエイターであるノーティドッグのニール・ドラックマン氏と一緒にシリーズのストーリーに取り組んでおり、ドラックマン氏は「オリジナルゲームにはなかったあるアイデアに興奮した。」と振り返っています。

メイジン氏は「唖然とする」瞬間という、そのアイデアが何であるかについては説明しませんでしたが、「単純にTV版のストーリーがファンが夢中になったキャラクターから逸脱することなく、オリジナルのゲームのストーリーを拡大していく「根本的」な方法の一例だ。」と述べました。

「ジョエルとエリーが突然バイクでジャンプして、バイクギャングと戦いに行くような奇抜なスピン・オフ・エピソードはありません。その代わり、テレビシリーズでは、キャラクターの関係性を深く掘り下げていくことができます。映画ではできない方法でね。」

Image :Sony

「一時期、彼らはこの作品を映画化しようとしていましたが、なぜそれがうまくいかなかったのか理解できます。「ラスト・オブ・アス』のような物語の楽しさは、その長さにあります。それは旅であり、ゆっくりとした人間関係の創造なのです。私たちは、時間をかけて獲得した関係性がより貴重で、防御に値するものであることを本質的に理解しています。だからこそ、ドラマ形式でじっくりと語らなければならなかったです。」

HBOの番組は現在も執筆段階にあり、コロナウイルスの影響で移動手段などでロケに支障が出ているとのこと。いつ撮影が始まるかもしれない、いつ公開されるかもしれないという情報はありませんでした。

via Eurogamer


The Last of UsがHBOでドラマ化されるのは非常に楽しみですね。ゲームをプレイすれば分かる通り、非常に長く事細かにキャラクターが描かれているので、映画ではなくドラマシリーズ化で正解だと思います。しかもHBOドラマ「チェルノブイリ」のクリエイターとノーティドッグのクリエイターの共同製作です。期待せずにはいられません。脚本もまだ途中で執筆段階で、コロナの影響で撮影すら始まらない段階らしいですが、早く作品を見てみたいですね。これは待ち遠しい作品になりそうです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720