【Polygon日本語訳】ソニーが発表した「Ready For PlayStation 5」タグのついたブラビアTVは、まだ準備ができていません。

次世代機は次世代テレビの購入をより混乱させる。

次世代機の発売まであと数ヶ月となりましたが、今年のホリデーシーズンにはソニーとマイクロソフトがそれぞれの新型ゲーム機「PlayStation 5」と「Xbox Series X」の発売を予定しています。両社ともに、4K解像度で120フレーム/秒のゲームをサポートするなど、次世代のビデオ機能を搭載しています。そのためには、HDMI 2.1という最新のテレビに搭載され始めたばかりの技術が必要となります。

新しい世代のゲーム機と同様に、PS5やXboxシリーズXには、可変リフレッシュレート(VRR)や自動低遅延モード(ALLM)など、聞き慣れない技術用語が多く使われています。次世代機のために新しいテレビを購入することで、リビングルームの将来性を考えている人にとっては、かなり混乱した状況となっています。

先週、ソニーは、自社TVブランド「ブラビア」2020年モデルのうち、2機種を “Ready for PlayStation 5 “と表現したテレビの新しいラベルを発表しました。このブランディングは、同社のエレクトロニクス部門とゲーム部門の提携により実現したもので、「消費者が待望のプレイステーション5の発売に向けて、最適なテレビをより簡単に選択できるようにすることを目的としています」とソニーはニュースリリースで述べています。

それは期待できそうです。テレビ仕様をあれこれ研究、調べる苦痛を軽減してくれるはずです。しかし、残念ながら、今回はそうではありませんでした。”Ready for PlayStation 5 “は、ソニーが自社のテレビを売り込むためのキャッチフレーズに過ぎず、ソニーはこのキャッチフレーズを何か違うものに見せようとしているわけではないが、これは大きなチャンスを逃したことになります。

SONYのTV「Ready For PlayStaion5」とは?

ソニーが最初に発表したPS5対応テレビはX900HとZ8Hで、どちらも4K120のコンテンツを表示できるLEDテレビです(いずれは表示できるようになるか、いずれはできるようになるでしょう)。X900Hは4Kテレビで、55インチモデルは999.99ドルから、Z8Hは8Kテレビで、最も安いオプションは75インチモデルで5,999.99ドルと目を見張るような価格です。

どちらのテレビも発売中ですが、X900Hはまだ4K120入力などのHDMI2.1機能には対応していません。PS5の発売までにアップデートが可能かどうかについては、ソニーの担当者がPolygonに語ったところによると、時期についてはコメントしていません。(PS5が発売されるまでにアップデートが利用可能になるかどうかについて聞かれた際、ソニーの担当者はPolygonに「タイミングについてはコメントできない」と答えています)。

そして、参考までに、Z8Hは4つのHDMI入力のうちの1つの入力端子でしか4K120fpsコンテンツに対応していません。

つまり、PS5とXboxシリーズXを同時にテレビに接続して、両方のコンソールで4K120fpsのゲームを体験することはできないということです。

X900HもZ8Hも、いずれは通常のゲームモードに加えて、ゲーム性を重視したHDMI 2.1機能を搭載することになるが、対応レベルに一貫性がありません。

来るX900Hファームウェアアップデートでは、4K120コンテンツ、VRR、ALLMのサポートが追加され、さらに強化されたオーディオリターンチャンネル(eARC)が追加されます。Z8Hはすでに4K120コンテンツとeARC、最大60Hzの8Kコンテンツをサポートしていますが、ゲーマーにとって最も重要な2つの項目であるVRR(可変リフレッシュレート:画面のティアリングをなくしクリアにする。)とALLM(自動低遅延モード:入力ラグを低減する)を提供していません。(HDMI 2.1とその新機能の詳細については、次世代テレビの説明をご覧ください)。

ソニーに「Ready for PlayStation 5」のキャッチフレーズにふさわしい、テレビが対応していなければならないゲーム機能のチェックリストを提供してもらえないだろうかと質問しましたが、ソニーはそれを拒否しました。代わりに広報担当者はPolygonに「ソニーがX900HとZ8Hモデルに「Ready For PS5」タグを付けたのは、PS5の4K/120fpsと8Kのゲームプレイ映像を表示することができるからだ」と述べ、Z8Hだけが8Kコンテンツに対応している事に言及しています。

ソニーの担当者はまた、ゲームに特化したものではない、いくつかのテレビ機能を強調し、イメージプロセッサのX1ファミリーが提供する色とコントラスト、そして 「テレビ画面から直接聞こえるサウンド 」をアピールしました。「これらの技術により、X900HとZ8Hはまさに “Ready For PlayStation5 “製品となっています」と広報担当者は述べています。しかし、これらの技術は、ゲーム関連の機能とは関係がありません。

これだけの可能性を秘めているのに、見込み客に対しサービスを提供することよりも、マーケティングを重視しているのは残念なことです。

テレビの解説でも紹介したように、HDMI2.1搭載のテレビの市場は、その発展途上にあるといっても過言ではないほどの地雷地帯です。

テレビがHDMI 2.1ポートを搭載するように要求されたからといって、テレビがPS5やXboxシリーズXで新しいコンソールの所有者が使用することに興味を持つようなゲームに特化した機能を提供するとは限りません。

次世代機とのペアリングのために新しいテレビに数千ドルを費やしても、そのセットがVRR(可変リフレッシュレート)をサポートしていないことが判明するだけだと想像できますか?(ソニーがALLMではなく、PS5のVRR対応にしか言及していないのは注目に値します。

ここで、PS5の新しいHDMI 2.1ベースのビデオ機能をすべてサポートしているテレビがどれなのか、消費者にとって重要なポイントを明確にする認証プログラムを想像してみてください。ソニーは、PS5の所有者にTV購入の大きな安心感を与えることができます。

そんなチェックリストの中でも特にわかりやすいマストアイテムがこちらです。

・4K120

・VRR(可変リフレッシュレート:スタタッリングや画面のティアリングのないゲーム用機能)現行機では唯一、Xbox One Xが対応。

・ALLM(自動低遅延モード:レスポンスの良い操作性。)XboxOneXが現行機で唯一対応。

・eARC (Xbox Series Xには光オーディオ出力ポートがないので、ゲーム機からサラウンドサウンドを出力するにはHDMIが唯一の方法になります。)

HDMI 2.1はまた、ゲームのための2つの他の機能強化、クイック・フレーム・トランスポート(QFT)とクイックメディアスイッチング(QMS)を備えています。しかし、仕様書ではそれらを記載することはないようで、新しいテレビに搭載されているかどうかはわかりません。そしてもちろんHDMI2.1以外では、ゲーム用の優れたテレビには入力ラグが少ないことが必要です。

8K対応に関しては忘れてください。マイクロソフトもソニーも次世代機は8K出力に対応していると言っています。しかし、私たちは、次世代コンソールを介して、本当に近い将来にいつでも利用可能な8Kコンテンツがあるとは確信していません。2020年に8Kテレビを購入する本当の正当性はありません。

ソニーが注目している2台のテレビを見ていると、X900Hは次世代機向けのテレビとしても十分に通用しそうな気がします。

今月初めのX900Hのレビューでは、Rtingsはそれを “ほぼすべてのタイプのコンテンツのための偉大な4Kテレビ “として説明し、それが特にゲームに適していることがわかりました、60Hzで4K HDRで再生時に、15.2 msの非常に低い入力ラグを測定したことがわかりました。

今週のニュースリリースで、ソニーはX900Hの入力遅延は4K120fpsゲーム時でわずか7.2msであると述べていますが、前述のファームウェアアップデートがまだ公開されていないため、この数字はあくまで「内部テスト」からのものです。ファームウェアのアップデートが開始されると、X900HはHDMI 2.1の機能を搭載したリストのすべてに対応することになります。

HDMI 2.1がより広く利用できるようになり始めています。ソニーを除けば、LG、Samsung、TCL、Vizioなどのテレビメーカーは、2020年モデルの一部モデルにHDMI 2.1ポートと機能を提供しています。しかし、特定のHDMI 2.1機能のサポートに一貫性の欠如と、消費者は、スペックシートやサポートウェブサイトで、すべてを自分で調査、研究することを余儀なくされています。

業界全体の認証プログラムは、ソニー、マイクロソフト、テレビメーカー、そして何よりも消費者のためのWin-Winになるだろう。

テレビやゲーム機は高価な電子機器であるため、購入者が後で後悔する恐れが特に気になります。テレビが「プレイステーション5」や「XboxシリーズX」に対応していることが購入前に保証されれば、ゲーム機とディスプレイの両方を安心して購入する事が出来、あらゆる面で売り上げが伸びる可能性があります。

via Plygon

次世代機のHDMI2.1で混乱が生じていますね。しかし驚いたのは、PS5のALL M(自動低遅延モード)に言及していないというのは気になりますね。ポリゴンの記事を読むと、VRR(可変リフレッシュレート)には言及したのに、ALLMに関して言及しないのは対応していない?みたいなニュアンスです。

後は、「Ready ForPlayStation5」として発表したTVのアップデートスケジュールがまだ未定のようです。コレはPS5の発売日が明らかになれば、それに合わせてアップデートも来るだろうと思います。

問題は日本国内ですね。既に出ているX9500HはHDMI2.0端子という話です。先日もブログ記事で書きましたけど、X9500Hの49インチモデルだけが今秋発売になっています。もしかすると、このX9500Hの49インチモデルが「Ready For PS5」のTVになる可能性はあります。あくまでも期待を込めてです。

東芝レグザは現時点で4K 120Hz、120fps対応モデルの年内対応は厳しいという某専門メディア記事で見たので、厳しそうです。

9月、10月となるとまた色々と状況は変わっているかもしれないので、今は静観がベターな選択かもしれません。今直ぐ4K 120HZ、120fps対応 TVが買いたいという人は、LGのOLED CXC9か、4K NanoCell液晶のNano91Nano86しか選択肢はないと思います。

業界全体で、Ready for PS5、XboxSeriesXのような統一規格、タグを設けた方が購入者も苦労して調べる必要性も無くなりますし、必要かもしれませんね。

後、重要なのは、HDMI端子の4つのうち、いくつがHDMI2.1の機能に対応にしているか、明確にすべきだと思います。4つ全て対応と思っていたら、1つしか対応していなかったとか、2つしか対応していなかったなども起こりうるわけですから、、

🔚

3 件のコメント

  • 「既に出ているX9500H(おそらくX900Hの日本国内版)」
    という記述がありますが、X9500Hの北米版と思われるX950Hがアメリカのソニー公式サイトでも49インチから85インチサイズでラインナップされていて、そこでも特に49インチのみがHDMI2.1端子を持つような記載はありませんでした。

    • 情報ありがとうございます。私のX9500HとX950Hが正解で私の間違いですね。訂正します。
      そうでしたか、、X950H(X9500H)49インチもHDMI2.0ということですか、、

      となると、現時点で日本国内では年内発売予定モデルで4K 120Hz対応は東芝もダメ、ソニーもダメということになりますね。。
      ソニーは、PS5をリリースするのに、日本国内でそのまま4K 120Hz対応を見送りでいるんでしょうかね。。

      正直、ソニーが何もしないとは思えないので、何か出してくれると信じていたいです。。

      • もし出るとしたら、X9000Hという形でPS5発売に合わせて出してくるとは思いますが、PS5の日本での発売がいつになるのかがまだ発表されてませんし、もしかすると発売日発表と合わせてテレビのほうも、ということもあるとは思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720