【XboxWire日本語訳】マイクロソフトのフライトシミュレータで家を飛んでみる。

概要

・最新のハンズオンでは、近日発売予定のマイクロソフト・フライトシミュレーターを使って、自宅で快適な空の旅をしてみました。

・完全リリースまであと数週間となったこのシミュレーターは、バーチャルパイロットが閉じこめられた空間から抜け出して世界を見渡せるように準備されています。

・マイクロソフト・フライトシミュレーターは8月18日にXbox Game Pass for PC(ベータ版)、Windows 10 PC、Steamでリリースされます。

子供の頃、兄と私は二段ベッドのある部屋を共有していました。

下のマットレスを引っ張り出して、上の段の下に家族用のコンピューターを設置し、コックピットを作るために椅子をいくつか持ってきて、フライトシミュレータを一緒にプレイしていました。子供たちにとっては、かなり没入感のある環境でした。

ここが一番いいところです。私たちは近所の子供たちを招待して、私たちが遠隔操作で頭上を飛んでいる飛行機にタップしたことを彼らに納得させ、私たちのハイテクな外観のセットアップで、前に出て、頭上の飛行機を見つけて、「そこ!」と言うでしょう。見て!」と言うのです。見ろ!今飛んでいるぞ!」と言うのです。

当時のグラフィックと私たちの素晴らしい寝台のコックピットが相まって、小学1年生の子供たちにイリュージョンを売り込むのに十分な説得力を持っていました。当時のマイクロソフトのフライトシミュレータの品質更にあれば、大人2、3人を騙すことができたと確信しています。

ホームベース

1年前のデモイベントで、フライトハードウェアと強力なPCシステムをフルに備えたマイクロソフト・フライトシミュレーターを最後に体験した私は、私のささやかなゲーミングノートPCとThrustmasterジョイスティックがどのように動作するのかを楽しみにしていました。映画のような予告編や事前の経験から、本当に美しいゲームであることがわかりました。そして、PCのハードウェアが優れていればいるほど、シミュレータの見た目も性能も良くなることは間違いありません。

私の個人的なシステムは、GTX 1060 GPU、Intel i7-8750H CPU、16GB RAMを搭載したAsus ROG Zephyrus Mラップトップです。デフォルトでは、Microsoft Flight Simulatorは私のマシンを 「ハイエンド」とみなし、私はこのデフォルトの設定で飛行することができました。私のクラフトを制御する問題はありませんでした。離陸または着陸とシミュレータの動作は素晴らしく見えます。

私のThrustmaster T16000M FCSフライトスティックは、手動での調整や微調整を必要とせずに見つけてアサインすることができました。飛行中は、画面上の状況に応じたコマンドで、ランディングギア、フラップ、ブレーキ、トリムをどのボタンで操作するかを知ることができました。つまり、ハードウェアの互換性とサポートに関しては、最高でした。

自分だけのアドベンチャーを選ぶ

MSFSを初めて起動すると、ワールドマップ(フリーフライト)、ライブイベント(オンラインリーダーボードによる着陸チャレンジ)、フライトトレーニング、アクティビティ、ニュースなどが表示されます。ワールドマップは、それだけではありません。飛行機、出発地、目的地を選び、飛行条件を設定して「Fly」を押します。それは、できるだけ早く飛行機に乗ることを望むことができるのと同じくらい簡単で直感的なものです。

私がMicrosoft Flight Simulatorを使ってみて最も評価したことの一つは、最初から見たいところを見て飛ばせるようにオープンに招待してくれることです。これは、カブでのブッシュ・トリップから、ピッツでのエアロバティックス、アイコンA5での水上着陸、エアバスA320のような大型旅客機での国際空港からの離陸に至るまで、多岐にわたります。飛び越える必要はありませんし、アンロックも必要ありませんが、私は「セスナ152でのフライトトレーニング」をお勧めします。視覚的で音声ガイド付きのチュートリアルでは、新しいパイロットに操縦のコツを教えてくれますし、シムのベテランパイロットが翼に溜まった氷を振り払うのを助けてくれます。

シアトルからハワイ、パリからサンフランシスコまで、様々な出発地を行き来して、世界のお気に入りの場所を正確に表現しているのを見るためだけに、ちょっとした空の旅をしていることに気がつきました。Microsoft Flight Simulatorを使っていると、早い時間帯には選択肢の多さに圧倒されてしまいますが、これは良いことで、自分の操縦能力を向上させるためには、自分の飛行経路にコミットすることをより良くする必要があることは明らかです。 適切なナビゲーションと飛行パターンはまだ私には分からないし、そのうち分かるでしょう。しかし、私が世界中を頻繁に飛び回るようになるとそうはいかないでしょう。

楽しさとゲーム

よりアクティブな体験をお探しの方には、アクティビティをお勧めします。現在、Microsoft Flight Simulatorでは、ランディングチャレンジとブッシュトリップがご利用いただけます。着陸チャレンジでは、リオデジャネイロやニューヨークのような「有名」な場所から、ネパールやホンジュラスのような「壮大」な場所、ニュージーランドやアイルランドへの「強風」のアプローチまで、様々な空港で様々な条件で完璧な着陸を試みることができます。これらは素晴らしい挑戦であり、多くの場合、より寛容なフライトモデルで遊んでいても、謙虚な経験になります。着陸チャレンジでは、ワールドマップを使って再訪したいと思う場所のいくつかをプレビューすることができます。

そして、ブッシュ・トリップは全く別物です。VFR (Visual Flight Reference) を使ってナビゲートする必要があるため、正しい方向に向かっているかどうかを確認するために、地形上のランドマークだけでなく、コアナビゲーションにも頼ることになります。MSFSのワールドエンジンの精度のおかげで、真のVFRが可能です。しかし、地形に慣れていなくても心配する必要はありません。VFRマップには「バック・オン・トラック」機能があり、パタゴニア、ネバダ、バルカン半島(ブッシュ・トリップで利用可能な現在の場所)の上空で迷子にならないように、正しい方向に案内してくれます。

人生のスパイス

私は実際に飛行機を操縦した経験がありませんので、Microsoft Flight Simulatorのフライトモデルの表現が正確であると推測するしかありません。しかし、エアバスA320(商業旅客機)、アヴィアット・ピッツ・スペシャルS2S(スタント機)、セスナ152(トレーナー)を操縦した場合、非常に顕著な違いがあることはお分かりいただけると思います。スロットルを調整した時のターンからエンジンの押し引きまで、機体の重さを実感できます。それは私がすべての機体を試してみたいと思い、そのハンドリングが初心者私のためにとても寛容であったので、現在セスナ152に傾向が私のお気に入りとなります。

シミュレータで利用可能なフライトモデルには、様々なアシスト設定(All Assists、Middle-Ground、True to Life)があります。操縦から航空機システム、ナビゲーションエイドに至るまで、最も快適な、または最も困難なフライト体験を見つけるための多くの調整やオプションがあります。

継続的な改善

2019年に最後のハンズオンを行って以来、Microsoft Flight Simulatorへの改善が継続して行われています。それらの多くは、リアルタイム天気の改善、夜間照明の改善、風が波の高さに影響するはるかに現実的な水のシミュレーション、正確な木や森の検出など、よりリアルな体験をするのに役立つ小さな改良です。

そして、家や建物のリアルな高さから草の正確な高さまで、環境の改善が行われました。シミュレータの各要素は、細部にまで注意が払われており、それは実際のアクションで見ると、信じられないほどに印象的です。

巨大なボーイング747-8インターコンチネンタルからズリン・アビエーション・サベージ・カブまで、コックピットや計器類を完全にモデル化した機体は目を見張るものがあります。

これは技術のショーケースであり、マイクロソフトのフライトシミュレータが飛行中に可能な限りリアルに見えるようにするための、とてつもなく細かいところまで配慮がなされています。

青い空

リリースまであと数週間となりましたが、マイクロソフトとアソボのチームが明確にしたいのは、これがマイクロソフト・フライトシミュレーターの冒険の始まりに過ぎないということです。

発売時には、このシミュレーターは完成し、3万7000の空港を含む地球全体をフィーチャーし、スタンダード版では20機プレミアムデラックス版では30機の航空機を搭載する予定です。しかし、バーチャルパイロットのためのシミュレーターに継続的に新しい生命と経験を吹き込むのは、地平線上にあるものです。

より多くの空港、MODサポート、ワールドのアップデート、グライダーやヘリコプターなどの追加航空機はすべて今後のアップデートプランとしてあります。

また、今秋にはHP Reverb G2に初搭載されるVR対応も予定されています。さらに、Track IRは6自由度(6DOF)のカメラコントロールに対応し、バーチャルパイロットがマイクロソフト・フライトシミュレーターを楽しむことで、より没入感のある体験ができるようになります。

この古典的な名作シリーズの復活は、青空以外の何ものでもありません。

8月18日にXbox Game Pass for PC (ベータ版)、Windows 10 PC、Steamで発売されるMicrosoft Flight Simulatorに注目してください。

via Xbox Wire


マイクロソフト・フライトシミュレーター、凄い完成度になっているようです。先に当ブログでも取り上げたデジタルファウンドリーのプレビューでもある通り、マイクロソフトのAzureクラウドパワーを駆使し、AIで生成しているという正に次世代感を感じるタイトルになっています。しかもゲームコントローラーで飛びたい初心者から本格的なコントローラーシステムなガチなパイロットまで満足できる幅広い豊富な設定も魅力です。

今秋発売のhpとマイクロソフト、Steamが共同開発した最強ヘッドセットと言われているVRヘッドセットHP Reverb G2に対応するので、これはヘッドセットでプレイしたくなりますね。。

4Gamer.Netで西川善司氏がマイクロソフト・フライトシミュレーターのレビュー記事を書いており、本作がいかに凄いことをしているのかが、よく分かる良記事になっています。ご興味のある方は必見の内容です。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720