【XboxWire日本語訳】ExoMechaが2021年にXboxに登場。

ExoMechaはXbox Games Showcaseでワールドプレミアを行いました。嬉しくてワクワクしながら詳細を共有したいと思いますが、もしトレーラーを見逃してしまった場合に備えて、以下で見ることができます。

エクソメカでの体験談

ExoMechaは、Omechaと呼ばれる惑星を舞台にした無料オンライン対戦型のFPS視点のシューティングゲームです。高品質なビジュアル、柔軟なゲームプレイ、巨大なメカ、ユニークなガジェットや能力、ボス戦など、プレイヤーに没入感のある体験を提供します。私たちのユニークなゲームプレイは、あなたがどのように戦闘をするのか無限の可能性をもたらします。

ストーリーと進行

銀河系の複数の知的種族によって発見された居住可能な新しい惑星「Omecha」。この惑星の資源を手に入れるために、互いに戦いを挑みます。最初は自然の環境から始まるExoMechaの旅。より多くの文明が惑星にやってくると、マップは進化し、各文明はそれぞれのテーマをマップに反映させていきます。

メックとドラゴン

惑星Omechaは、シンプルに巨大なボスとメカの場所です。私たちのゲームでは、あなたはパーソナライズされたメカを操作することができます。彼らは長距離射程銃器と巨大な近接武器の両方を装備しています。私たちがメカに近接武器を装備する理由は、戦闘に独特の味を加えたいからです。メカの主な武器は剣と盾で、ゲーム内の他の武器と比べて最も高いダメージを与えます。そのため、主に敵のメカに対して使用することを想定しています。しかし、射程距離が短いため、他の乗り物には使いづらいと思います。

ExoMechaのもう一つの特徴は、独立したAI制御のドラゴンで、それは基本的に誰もが敵です。毎試合中にランダムな場所にドラゴンがやってきて炎を放ち始めます。その存在は危険地帯を表していますが、彼に近づいて交戦することを決めれば、高額の報酬が得られます。

ゲームモード、ガジェット、アビリティ

ゲームモードの詳細は今後明らかにしていきます。しかし、今のところ言えることは、3つのユニークなゲームモードがあるということだけです。1つ目は大規模なチーム戦に特化したモード。2つ目はバトルロワイヤルに特化したモードで、最終的には小規模なオブジェクトベースのゲームモードになります。

Omechaで生き残るためには、ガジェットや能力でカスタマイズしたキャラクターを使う必要があります。トレーラーを見ればわかるように、グラップリングフックのインタラクションはゲーム独自のものであり、今後のアビリティもゲームの特性を反映したものになるでしょう。

私たちのゲームでは、アビリティはプレイヤーに直接ダメージを与えるのではなく、戦闘で戦略的優位性を与えることになります。そのため、私たちは防御と移動のアビリティのみを持つことになります。トレーラーにあるグラップリングフックとダッシュの両方をアビリティと考えることができます。私たちのアビリティはすべてクールダウンが異なりますが、際限なく使用することができます。私たちのアビリティについては、今後公開予定のゲームプレイトレーラーで詳しく説明します。

車両の種類

メカ以外にも、通常の乗り物を使用することができます。しかし、どの車両にも長所と短所があります。例えば、「スパイダータンク」はメインタンクに比べて荒れた路面でも動きやすく、射撃速度も速いのですが、「メインタンク」は最高速度が高く、大砲は動作が遅いですが壊滅的な威力を発揮します。

XboxシリーズX

XboxシリーズXでは、4Kモードと120fpsモードが用意されています。120 fpsモードも4Kになりますが、ダイナミック解像度(負荷に応じて解像度を落としたり、上げたりする。)になります。私たちのゲームはクロスジェネレーション(世代を跨ぐ)になりますので、Xbox OneとPCの両方からもお友達と一緒にプレイすることができます。

発売日

ExoMechaは2021年の第3四半期、第4四半期にリリースされる予定です。ExoMechaの詳細については、ここまでにしておきます。詳細は今後公開していきますのでお楽しみに。リリース後は、私たちがゲームを作ることを楽しんでいる以上に、私たちのゲームを楽しんで頂けることを願っています。

via XboxWire

ロボット好きにはたまらないExomechaが先日のXBOXショーケースで発表されましたが、詳細を知れば知るほど中々面白そうなタイトルだなと感じます。トレイラーを見る限り、操作性も良さそうでハイスピード・メカ・バトルシューターという感じで、この手の好きな方にはたまらないかもしれませんね。

2 件のコメント

    • PCで120fpsを楽しんでますけど、120fpsは60fpsと比べると、別世界です。操作レスポンスも劇的に変わりますしね。
      XboxOneXを1440Pで120Hzで現在使ってますけど、それでも前述の通り、レスポンスが全然違います。

      Xbox SeriesXの120fpsは、フル4K解像度ではおそらく無理だと思います。
      記事でもダイナミック解像度と言っているので、おそらくですが1440〜1600Pくらいの間ではないかなと予想してます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720