PS5の出荷台数は今後5年間で少なくとも1億2000万台に達する可能性 –DigiTimes報道–

ソニーの新世代ゲーム機「PS5」の出荷台数は、2020年第4四半期の発売後5年間で少なくとも1億2,000万台に達すると予想されており、これはマイクロソフトの「XboxシリーズX」の出荷台数の約2倍に相当すると台湾のバックエンドサプライチェーンの関係者は述べています。

家庭用ゲーム機のライフサイクルは、従来の6~7年から5年に短縮される可能性があり、5年サイクルが終了するPS5の出荷台数は、2013年11月に発売されたPS4の1億1,000万台の登録台数に対して、1億2,000万~1億7,000万台に到達する可能性があります。

TSMCが7nmノードで製造し、ASE Technology and Siliconeware Precision Industries (SPIL)がFCBGAプロセスでパッケージ化した同デバイス用のAMD設計プロセッサは、すでにソニーに納入されており、周辺チップセットの出荷は第4四半期の端末販売の第1波をサポートするため、第3四半期後半にピークを迎えると予想されていると情報筋は続けています。

台湾のチップメーカーであるZillTek Technologyと中国のAAC Technologiesが、PS5用のコントローラチップをソニーに発注しており、さらに台湾のIC設計者であるNuvoton TechnologyとGenesys Logicの2社が、それぞれMCUとUSBハブコントローラを供給、Greatek Electronicsがバックエンドパートナーとなっています。一方、Phison Electronicsは、台湾のOSEがパッケージ化したSSDコントローラチップで、PS5のサプライチェーンにも切り込んでいると報じられています。

via Digi Times

2 件のコメント

  • 高価格、コロナ、魅力の無いロンチ、そしてビックサイズ、PS5がそんなに売れるとは到底思えないけど。

    • 米国も4〜6月期のGDPがリーマン以上に落ち込んでいる現状、
      次世代ゲーム機を売る年としては最悪のタイミングですよね。

      コロナさえなければ、E3もあったりでお祭り騒ぎで、ソニーもマイクロソフトも
      ある程度は強気な価格設定出来たでしょうけど、この惨状ではある程度は落とさないと厳しいでしょうね。

      ま、とにかく価格次第ですね。500ドル以下(日本だと49800円〜54800円)でないと厳しいでしょう。
      これはPS5だけでなく、XboxSeriesXも同じだと思います。
      ただ、XboxSeriesXのゲームパスはこういう状況下では今後大きい存在になりそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720