Halo Infiniteは「過去2作を合わせた数倍規模の大きさ」で、キャンペーンは60fpsで動作。COOPや分割画面、レイトレーシングへの対応も。

Halo Infiniteのキャンペーンは、毎秒60フレームで動作することがMicrosoftから確認されています。

343 Industriesの次期シューターは「過去2作のHaloゲームを合わせた数倍の大きさ」のHaloリングを舞台にしているとMicrosoftは付け加えています。

MicrosoftはXbox Series Xのショーケースで『Halo Infinite』のキャンペーンゲームプレイを披露し、新しいゲームプレイメカニクス(あのグラップリングフックを含む)を明らかにしました。

興味深いのは、マイクロソフトがHaloリングを自由に探索できることに言及していることで、オープンワールドのようなものを示唆しています。

オープンワールドのような広大な3Dマップにアイコンが散在しており、そこに瞬時にアクセス出来るのでしょうか?
  

343のスタジオヘッドのクリス・リー氏は、近日中に『Halo Infinite』のマルチプレイの詳細も公開すると昨日のショーケースビデオの中で語っています。

更に、『Halo Infinite』のゲームプレイが明らかになった直後に行われたオンラインプレビューセッションでは、343は当然ながらほとんどの詳細を避けていましたが、シリーズの精神的なリブート 、Haloへのラブレターと称し、COOPモードと分割画面モードが復活し、発売後にはレイトレーシングを追加するアップデートの予定であることを確認しました。

レイトレーシングは、ゲーム内の照明、反射をよりリアルで没入感のあるものにする素晴らしい機能ですが、これを楽しむためには特別なハードウェアが必要になります。現行のXboxOneはレイトレーシングには対応していないので、レイトレーシングに対応した『Halo Infinite』を楽しみたい場合は、Xbox Series Xかレイトレーシング機能のあるグラフィックスカードを搭載したPCでプレイしましょう。

また、このセッションでは、2001年の『Halo: Combat Evolved』の雰囲気を全面的に再現するために、『Halo Infinite』の主要な敵対勢力として活躍すると思われる、ブルートによって強化されたコヴナント集団であるBanishedのトップがEscharumと呼ばれていることや、彼の名前のスペルが正式には「E-S-S-C-H-A-R-U-M」であることも明らかにされています。

クリス・リー氏は「Halo Infiniteは将来に向けた我々のプラットフォームのスタート地点です。これまでのようにナンバリングされたタイトルで細分化するのではなく、インフィニットを時間をかけて成長させていきたいと考えています。」と述べ、過去のHalo作品とは違い、Infiniteがベースとなって徐々に規模を拡大していくような展開を考えているのかもしれません。

Halo InfiniteはXbox Series Xのローンチタイトルで、PCとXbox Oneにも対応し、2020年末発売予定です。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720