【XboxWire日本語訳】「The Medium」のユニークな機能にディープダイブ。デュアルリアリティ・ゲームプレイとは?

5月に開催されたマイクロソフトのInside Xboxイベントで初めてThe Mediumを公開したとき、私たちは「まだ秘密がたくさんある」と話しました。

私たちの今後のサイコロジカル・ホラーゲームについて明らかにするための多くの秘密がまだあったのです。

『Observer』から『Layer of Fear』『Blair Witch』に至るまで、私たちのゲームには、創造性と技術的なデザインの原動力となる中心的なテーマがあります。『The Medium』では、視点がどのように認識を変えるかに焦点を当て、視点を変えることで、最初に認識していたものとは全く異なる新たな真実を発見することに焦点を当てました。

どんな話にも二面性があります。

本日は、『The Medium』のこれまでで最もエキサイティングな機能を明らかにすることができてワクワクしています。これは、謎めいたテーマにもう少し光を当てるのに役立ちます。

タイトルの発表の時に中心人物のマリアンヌの話をしました。マリアンヌはビジョンに取り憑かれた女性で、数年前の恐ろしい悲劇の現場であるクラクフの廃墟ホテルに彼女を導きます。マリアンヌは霊媒師であるため、この場所の謎を解くために、我々の世界と霊界の両方と対話することができます。

しかし、私たちが明らかにしなかったのは…これらの世界の両方が同時にレンダリングされ、表示され、対話し、探索することができるということです。

最先端の次世代ハードウェアがもたらすパワーによってのみ可能になったThe Mediumは、ロード時間を気にすることなく、2つの本格的で視覚的に異なる世界を同時にレンダリングします。ゲーム内の様々なポイントで、プレイヤーはどちらかの世界に入ったり、同時に両方の世界に入ったり自由に行き来することができ、ゲームはこのように意図的に設計されているので、驚くべき多様性があります。

この技術は、プレイヤーに独自のプレイ方法を提供し、全く新しい体験と視点を提供します。現実世界では見つけられないように見える脱出や、解けないパズルも、マリアンヌの霊媒の力によって霊界では解き明かすことができます。また、それぞれの世界に設定された異なるコントローラ入力により、必要に応じて探索と謎解きを同時に行うことができます。

また、霊界はマリアンヌにアウトオブボディ能力など、物理世界の自分とは異なる能力を与えてくれます。

マリアンヌはこれを使って肉体を離れ、精神としてのみしかアクセスできない場所を探索することができます。しかし、Out of Bodyの能力はマリアンヌにダメージを与えるので、プレイヤーは注意が必要です。深海のダイバーのように、プレイヤーがあまりにも長く彼女の体の外にいると、マリアンヌの現実世界の自分が致命的な影響を受ける可能性があります。

この技術的なコンセプトは、ブルーバーチームで何年も前から検討してきたものですが、正直なところ、現行世代のハードウェア以前には不可能だったものです。XboxシリーズXとPCに組み込まれた新しい技術だけが、2つの異なる世界を同時に完全にレンダリングすることを可能にしています。

これは非常に重要なことで、場所を瞬時に切り替えることも可能にしています。
私は、これがホラーというジャンルのゲームチェンジャーになることを願っています。

私たちは、ゲームがスリリングで、常にサスペンスに満ちていて、予測不可能な状態を維持できるようにすることに熱心に取り組んできました。

そのため、マリアンヌ(とプレイヤー)はどちらの世界にいるかをコントロールすることはできません。つまり、プレイ中や映画のカットシーンの間に、どちらの世界にも、あるいは同時に両方の世界にも簡単に移動させることができるので、プレイヤーはいつでも気を抜かずにいなければなりません。目に見えるロード時間がないため、このようなことが可能になっています。

2つの世界と2人の作曲家が協力して、プレイヤーが現実世界にいるときも、精神世界にいるときも、同時に両方の世界にいるときも、それぞれの世界で本当にユニークな雰囲気を作り出すことができるゲームです。

今回の発表に対するファンの反応を楽しみにしています。また、『The Medium』のリリースまでの数ヶ月間に、より多くのゲームプレイ映像やニュースを公開していく予定です。

via Xbox Wire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720