【噂ではなく現実に存在しています】Xbox Series S ロックハートの現時点で判明している全て。

Windows Centralが現時点で判明しているコードネーム「LOCKHART(ロックハート)」と呼ばれる、Xbox Series Sと思われるもう1台の次世代機について、現時点で判明している情報と、更に独自の匿名の情報筋の情報も加えたまとめ記事が出ていました。非常に中身の濃い興味深い情報の数々で、読み応えがあったので日本語訳にして掲載します。「ロックハート」が気になる方は是非、お読みになってみてください。

小さく、安い、Xbox Series S「ロックハート」は現実

マイクロソフトによると、XboxシリーズXは、世界で最も強力なコンソールとして、「2020年末」に発売される予定だという。同じ時期のどこかで発売されるXboxシリーズ 「S」 コードネーム 「Lockhart」 我々はかなり前にレポートで明らかにしました。

「ロックハート」のテストユニットが内部テスターに出荷されているため、このコンソールの正式な公開が差し迫っている可能性が高いようです。私たちに加えて、主要な技術サイトの様々なジャーナリストが、最終的にそれが明らかになったときにロックハートが何であるかの写真を構成し、私はここで現時点での最新の噂、独自の独立したソースからの情報と、いくつかの検証と一緒にまとめました。

《ネタバレ》 これは間違いなく本物です。

XboxシリーズSロックハートはどれだけ強力なのか?

昨年、私たちは「ロックハート」が約4テラフロップス(4.2TFのPS4Proとほぼ同等)であることを指摘しましたが、これはXbox Series Xの12TFやXbox One Xの6TFよりもはるかに小さいように見えます。しかし、ロックハートは最新のNVMe SSD、ロード時間でXbox Series Xと一致し、Xbox Velocity Architecture(XBOXベロシティーアーキテクチャー)を活用すると同時に、Xbox One Xよりもはるかに強力(約4倍)なCPUを誇ります。

私たちが昨年見たマーケティング資料では、ロックハートはエントリーレベルの次世代コンソールとして位置づけられています。 予算的に厳しい家庭、子供たちに最新のゲームを体験させたい親などを考慮して設計されています。しかし、必ずしも4K解像度ではありません。実際、ロックハートは主に1080p(1920x1080P フルHD)のマシンになる可能性が高く、現行世代のXbox One Sよりもはるかに高性能で、予算的に厳しい学生、子供の寝室がポジションとなるマシンの可能性が高いです。

2020.7.03修正↓  「GPU」と記載すべき所を「CPU」と誤記載していたので、「GPU」に修正し補足情報も追加

The VergeのTom Warren氏が先日、ロックハートのGPUが20CU(Compute Unit、要は演算ユニット)を搭載 (Xbox Series Xは52CU、PS5は36CU)し、Xbox One Sの持つGPUの12CUから大きく増加する可能性があることを明らかにしました。

我々は以前、ロックハートが8コアで 3.4GHzクロックのCPUである事を聞きました。我々は昨年、XboxシリーズX のために明らかにした実績のある正確な3.6GHzのCPU コアが付属しています。クロックはこの時点ではかなり古い情報であることは認められますが、共有するためには安全な賭けだと思います。

XboxシリーズSのロックハートはどのような外観になるのか?

我々はしばしばキューブ型のコンセプトアートを使用していますが、Xbox Series S「ロックハート」は、実際にはより伝統的なコンソールデザインを採用しており、このコンセプトアートはRand al Thor 19がTwitterで共有したものです。

これは、MicrosoftがテスターにXbox One Sの箱の中にテストユニットを隠すように頼んでいることをThorrott.comのブラッド・サムスからの報告を裏付けています。それは詮索好きなユーザーの目から隠すためにです。

複数のソースによって言われてきた「ロックハート」は、Xbox One Sに見た目が似ている、ディスクドライブがない、 「オールデジタル」版に似ています。また、Xbox Series Xで見たのと同じSeagateと共同開発したSSD拡張スロットを搭載することになるでしょう。

そして 白いカラーのXbox One Sとの差別化をするために、ダーク・グレーカラーになる可能性があると聞いています。

The VergeのWarren氏のこのツイートに見られるように、Xbox Series Xの開発キットと色が似ているかもしれません。

また、最終的にはXbox One Sよりも小さくなる可能性もあると聞いています。名前については、「Xbox シリーズ S」と「Xbox シリーズ ES」の両方の名前を聞いたことがあるので、内部で参照するために使用されているようなので、それらのいずれかになります。グレーカラーは白いXbox One S と区別するのに役立ちます。「S」というモデル名は、より手頃な価格のマシンに対し、より強力な「X」 であることをユーザーに思い出させます。

「ロックハート」はXboxシリーズXを “抑え込む “のか?

ゲーム開発者は、文字通り何十年も前から全く異なるハードウェアプロファイルをターゲット(様々な性能のPCが存在している)にしており、ゲームを移植したり、別々のハードウェアレベルに合わせてゲームを最適化するためのツールは、時が経つにつれてより改善されてきました。

開発者は、Xbox OneのERAシステムに代わる新しい開発環境として設定されている「Game Core」のベータ版を通じて「ロックハート」をターゲットにすることができます。InfosecのエンジニアであるTitleOSが先日6月のGDKドキュメント(開発キット添付書類)を公開しましたが、その中には「ロックハート」とAnaconda(Xbox Series X)のプロファイルモードの両方が記載されていました。

「Game Core」は、PCとXboxの開発をこれまで以上に緊密にすると同時に、開発者はコードの変更を最小限に抑えながら、さまざまなXboxハードウェアプロファイルをより簡単にターゲットにできるようになります。今後発売されるXboxシリーズXタイトルの中には、Microsoftが一般発売に向けてシステムを改良していく中で、いち早くGameCoreを採用したタイトルもあります。

「GameCore」は、XboxシリーズXとシリーズSの両方の特定のニーズに対応するために、開発者がさまざまな機能をシームレスに取り除けるようにすることが、より簡単にできるようになります。

ハードウェアのレベルに合わせてゲームのビジュアルを落とすことがいかに簡単にできるかを示す良い例が、『ギアーズ タクティクス』にあります。

そのグラフィックス設定は、ハードウェアごとに異なるグラフィックス機能を上下にスライドさせることでどのようにパフォーマンスを向上させたり、低下させたりできるかをリアルタイムで紹介しています。

Image Source: Windows Central / Gears Tactics

マイクロソフトはいつXboxシリーズS「ロックハート」を明らかにするのか?

以前、VentureBeatのJeff Grubb氏は、Lockhartは6月に公開される予定であると報じていましたが、それはMicrosoftが5月と4月に限られた量ではありますが、テスターとデバイスの共有を開始したという情報と一致していました。しかし、どんな理由があったにせよその発表は実現しませんでした。私の推測では、価格が明らかにされないと、「より強力ではない」コンソールの売りが少し妨げられてしまうからではないでしょうか。

Eurogamerは現在、「ロックハート」が8月に発表されると報告しています。「ロックハート」が8月に正式に発表されるとは具体的には聞いていませんが、Microsoftが7月のイベントに続いて、8月にも別のイベントを計画していることを独自の情報源から確認しました。

XboxシリーズS 「ロックハート」の発売日はいつなのか?

Image : Microsoft Xbox wire

BradSamsは最近、XboxシリーズXは当初8月に発売される予定で、XboxシリーズS「ロックハート」は10月に発売される予定だったと報告しました。興味深いことに、私も少し前にXboxシリーズXは9月に発売される予定で、XboxシリーズS「ロックハート」は11月に発売される予定だったと聞いたことがあります。

おそらく、BradSamsが情報を得た後、新型コロウィルス危機で予定が変わったのかもしれません。

私が持っている情報はかなり古いものですが、マイクロソフトは「ロックハート」Xbox Series SとXbox SeriesXを同時に発売する予定はないようです。それは、Xboxシリーズ X が最初に発売するように思います。ハードコアのユーザーをまずターゲットにXboxシリーズXを発売し、その後にXboxシリーズS 「ロックハート」を発売するように設定されているようです。ターゲットでもある親世代や若者に対して次世代ゲーム機発売に良いタイミングを慎重に見極めている可能性があります。

世界的な新型コロナウィルスによる感染拡大危機の後の不況が迫る中、より安価なゲーム機とお買い得感が高いXboxゲームパスの提案は、今のマイクロソフトにとって賢明な選択に感じられます。

待つ時間はそう長くはありません

マイクロソフトの次のビッグイベントは、7月23日に予定されているようです。このオンラインショーケースイベントでは、XBOXファンが今後数ヶ月、数年楽しむことを期待できるコンテンツのより広範なロードマップが紹介されます。

XboxシリーズXとプレイステーション5が価格の面でハイエンドになるように設定されていると、XboxシリーズS「ロックハート」は、出費を少しでも抑えて次世代の楽しみに参加したい特定のユーザーには、特に説得力のあるオプションである可能性があります。

ロックハートアーキテクチャは、将来的にProject xCloudサーバーブレードのアップグレードのためのより費用対効果の高いオプションとして機能する可能性があります。近い将来、私たちの多くがいつでもフル4Kでストリーミングプレイしたいと思う可能性は低いと思うのです。

via Windows Central

現時点で判明しているXboxSeries Sと言われているコードネーム「ロックハート」の情報まとめ記事でした。

カラーがOne Sとの区別するためにグレーカラーである事や、発売がシリーズXの後になる可能性、そしてターゲットが1920x1080PのフルHD解像度をターゲットにしている点も注目ですね。

しかし、シリーズXと同じ機能性を持ち、高速なNVMe SSDは搭載され、その拡張スロットも存在しているという事で、機能性に関しては負けずとも劣らない事からも4K版がXbox SeriesX、1920x1080PメインのフルHD版がXbox Series Sという位置付けになりそうです。

SNSでも4Kも大画面もいらないという方もいたので、Xbox Series S「ロックハート」が良いかもしれません。ユーザーがそれぞれの環境、好みで4KハイエンドのXbox Series X、1080PのフルHDでも十分というならばXbox Series Sと、選択肢があるのは良いかもしれません。

しかも現在は新型コロナウィルスの第2波拡大まで出ている国がある最中、Windows Centralでも指摘している通り、機能性はハイエンドのシリーズXとほぼ同じで、経済的にも優しい機種を用意するという、マイクロソフトの方針は本当に良い選択だと思いますし、幅広くゲーマーをよくみているなと感じました。

そして7月のXBOXファーストパーティータイトルが披露される、ショーケースイベントが、どうやら7月23日になるようです。このイベントの後に8月にも計画されている事がWindows Centralの独自のソースから得ているようですので、「ロックハート」は8月のイベントで発表される可能性が高いようです。

7、8月とマイクロソフトは大量の情報を投下してきそうですので、要注目と言えそうです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720