【期待】マイクロソフトXBOX部門責任者フィル・スペンサー氏「5月のイベントの反応を参考に、7月のショーケースでは良い物をお見せ出来ると思います。」

24日から開催されているオンラインイベントのGamelabで、マイクロソフトXBOX部門トップのフィル・スペンサー氏が登場し、7月に開催する事が確定しているXBOXファーストパーティーショーケースイベント、ソニーとの競争について語っています。

Microsoft XBOX部門責任者フィル・スペンサー

正直なところ、ソニーのショーを見て非常に良い気分になりました。ゲームのフレームレートなどの話をしているうちに、我々が構築してきたハードウェアの優位性が表れてくると思います。7月のショーケースと、そこで発表されるゲームプレイについては、良い物をお見せ出来ると思います。

ソニーは最近のPS5披露イベントで素晴らしい仕事をしました。また、ゲーマーとしては、両社(ソニーとマイクロソフト)が参加して競争しているのを見るのは素晴らしいことだと思います。競争は両社にとってより良い結果につながると思うし、私はそれが大好きなんです。

私たちのチームは、7月のショーのラインナップを揃えるために懸命に働いています。前回のイベント(5月のInside Xbox)のフィードバックを参考にしていますので、ご期待ください。

フィルさんは、ソニーと競争する事でより良いサービス、ゲームを提供出来それを楽しんでいると話しています。確かに1強になってしまうと、殿様商売のようになってしまい、ユーザーにとってもよくないかもしれません。ユーザーの争奪戦で生まれる競争力が、より良いサービス向上、更に良い(凄い)ゲームを作り出そうとするモチベーションになるという事でしょうか。市場の健全化という点でも、メーカーが凌ぎ合う事は良いことですね。

そして、注目なのが、7月に開催されるXBOXファーストパーティーのタイトルが披露されるショーケースイベントです。フィルさんは、5月のイベントでのファンからの反応、フィードバック(意見)を参考に、7月のイベントを準備しているとの事なので、おそらく批判されたハリウッドスタイルのトレイラーのオンパレードはなくなり、ソニーのようなゲームプレイ映像を主眼に置いた、イベントになりそうで、期待して良いかもしれませんね。

更にゲームのフレームレートなどでXbox Series Xの優位性が表れてくると言及しています。既にギアーズ5とダート5が、120fpsオプションがある事が確定しているので、ショーケースイベントでは120fpsなどのフレームレートオプションの話もポイントになるかもしれません。

7月のXBOXショーケースイベントでは、Halo Infiniteは披露される事が確定しているので、その他には一体何が披露され、さらにはXbox Series Xの価格なども発表されるのか、注目のイベントとなりそうです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720