サムスン電子、近未来感がハンパないゲーミングモニターOdysseyG9、G7のトレイラーを公開。

Samsungが、近未来なサイバー感溢れるデザインと1000Rという前代未聞の深いカービング率、そして49インチ 32:9というアスペクト比に、デュアルクワッド(5120×1440)、ディスプレイHDR1000、HDR10+対応、240Hz時に1ms(144Hz時 5ms)のQLED(量子ドットVA液晶)というインパクトで、強烈な存在感を放っているゲーミングモニターOdyssey G9(C49G95T)と、16:9の2560×1440のQLED採用、240Hz時1ms(144Hz時 5ms)のOdyssey G7(C32G75T)の2機種のトレイラーがSamsung公式YOUTUBEチャンネルで公開されています。

既に、USのamazonUKのamazonで予約を開始していますが、現在は出来ない状況です。B&Hでも予約受付していましたが、現在はバックオーダー状態で、8月21日のようです。かなりオーダーが殺到したようです。

B&Hでオーダーすると、送料込みで1926.52ドル(現レートで約20,6000円くらい)です。(送料とTAXで226.53ドル)

Odyssey G9
Odyssey G9

Odyssey G9

Odyssey G7

Odyssey G7

史上初の1000Rというカーブ率は、Odyssey G9だけでなく、16:9画面のOdyssey G7でも同様に1000Rとなっています。画面の大きさ、アスペクト比率こそ違いますが、144Hz時に5ms、240Hz時に1msのQLED(量子ドットVA液晶)は共通仕様です。

Odysseyゲーミングモニターは3機種のラインアップ。
   

32:9というアスペクト比率は、現状では用途がかなり限られるかもしれませんが、今後32:9に対応するゲームが増えてくれれば、現実的にも欲しくなるかもしれません。

しかし、このインパクトある背面デザイン、32:9という画面は強烈で、買うにしろ買わないにしろ、実際に画面を見てゲームをしてみたいですが、サムスンはディスプレイ事業は日本で展開していないので、日本での販売は無さそうです。これを機に販売してくれても良い気がしますが、、原宿のギャラクシー・ショールームで展示、もしくは販売してくれませんかね。。

現状では個人輸入しか手はなさそうです。

Samsung Odyssey Gシリーズゲーミングモニター公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720