【国内メーカーは来年以降?】東芝レグザ、4K 120Hz対応は2020年モデルでは難しい模様。

AV Watchの「東芝 今年のレグザ」という記事内で、東芝レグザの関係者のインタビュー記事が掲載され、その中で記事のライターである西田宗千佳氏によると、

『120Hzを超えるフレームレートへの対応は厳しいし、新型ゲーム機で想定される「4K・120Hz」での表示も今年のモデルではまだ難しい。』

との事。

新型ゲーム機とはPlay Station 5と、Xbox Series Xの事で、既にコードマスターズのDiRT 5がXbox Series Xで4K 120fpsのオプションがある事が開発者のインタビューで明らかになっています。

他に、画質評価の専門家で映像マイスターである住吉氏は、

「PC用ディスプレイをゲームに、という人も多いのですが、テレビの方が有利な部分もあるんですよ。4:4:4で処理するとか、フル12bitで処理をしているとか。超解像もそうですね。基本画質に効くことはゲームにも有効です」

との事。

海外ではLG Electronicsが今年1月のCES2020で、PCゲーマーを大型TVに取り込もうと、同社主力のOLEDや4K液晶TVをFreeSyncやG-Syncコンパチブル認証を取得、4K 120Hz入力対応も対応し、大々的にアピールしていました。

既に同社は4K 120Hz、FreeSync(G-Sync動作も確認済)入力対応のTVが発売されています。

今年年末には次世代ゲーム機PS5とXbox Series Xが発売されますが、日本のTVメーカーであるソニー、東芝、パナソニックが4K 120Hzに対応するのは、来年以降となりそうです。PS5を発売するソニー自身までもが4K 120Hzを年内対応しないのは意外です。それともアップデートなどで対応出来るのでしょうか?いずれにしろ、国内メーカーに関しては現状はそのようで残念と言えます。🔚

東芝 レグザ公式ホームページ

ソニー ブラビア公式ホームページ

パナソニック ヴィエラ公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720