【これはVRでプレイしたくなる】「スター・ウォーズ:スコードロンズ」のゲームプレイ映像が公開。ゲームモード、キャラクターのカスタマイズなども明らかに。

EAは先週遂に「Star Wars: Squadrons」を発表しました。この新しいチームベースのスペース・ドッグファイトゲームのデビュートレーラーはスターウォーズファンには実に刺激的な映像でしたが、実際のゲームプレイはあまり見られませんでした。

しかし、昨日行われた、EA Play Live 2020で「Star Wars: Squadrons」の全貌が公開され、8つのクラスの一部、キャラクターのカスタマイズ、ドッグファイトとマルチステート艦隊戦のマルチプレイヤーモードなどが紹介されています。

Motive StudioのクリエイティブディレクターIan Fraser氏は、『Star Wars: Squadrons』には完全なシングルプレイモードが用意されており、自分だけのパイロットを作ることができます。また、多くの人が予想していた以上にフライトコントロールにも力が入っているようです。詳細は以下の通り

5対5の熾烈なドッグファイトで互いの腕を競い、中隊としての連携を磨くことで大規模な艦隊戦の行方を左右し、スリリングなStar Wars™のシングルプレイヤーストーリーを体験しよう。

ストーリー

スリリングなStar Wars™のシングルプレイヤーストーリーでパイロットの生きざまを体験。新共和国と帝国、両陣営の交互の視点から、双方の名高きリーダーや新たな指導者が銀河を賭けて戦うさまを目にしよう。舞台は銀河内乱末期。エースパイロット達がすべてを左右する時代が幕を開ける。

ドッグファイト

5対5の熾烈なドッグファイトで銀河最高のパイロットたちに挑め。ミッションはシンプル。だがその達成にはスキルが求められる。スターファイターの機種を選び、スピードや命中精度のバランス、中隊の構成に合わせて機体の装備をカスタマイズして、敵を倒して栄光を手にせよ。

フリートバトル

オンラインで中隊を組み、あるいはAIとプレイして、大規模な艦隊戦の行方を左右しよう。5機からなる2つの飛行中隊が、マルチステージ、ミッション形式の戦いで火花を散らす。白熱のドッグファイトで敵を圧倒して前線を前に押し出し、敵護衛艦に爆撃を仕掛けて撃破。最終目標、巨大な敵旗艦の破壊を達成せよ。

『Star Wars: Squadrons』では、反乱軍同盟がデス・スターIIの破壊に成功したエンドアの戦いの後の出来事を再現したシングルプレイのストーリーも用意されています。新共和国の英雄的なヴァンガード中隊に所属するパイロットと、銀河帝国の恐るべきタイタン中隊のために戦うパイロットの2人が交互に登場し、ストーリーを通してパイロットであることの意味を学びます。オリジナルキャラクターをはじめ、スター・ウォーズでお馴染みの顔ぶれが登場するなど、多彩なキャストで構成された本格的なストーリーとなっています。

Image Electronic Arts
Image Electronic Arts


PCとPS4では、VRで全編プレイ可能になっているそうで、これはVRでプレイしてこそ真価を発揮しそうですね。。昔、ゲームキューブでローグスコードロンシリーズをプレイして以来、正に決定版と言える本作こそ、VRでプレイしてみたいものです。 🔚

スターウォーズ:スコードロンズ公式ホームぺージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720