【まさかのデジタルエディションも】遂に公開された、PlayStation5本体を検証。

遂にというか、ようやくソニーがPlayStation5の姿を公開しました。Dual Senseコントローラーと同様に、白を基調に滑らかな曲線で構成されたモダンなデザインで、流石のソニーという感じで、エアベントにはスリットもあり、正に次世代感溢れる外観と言って良いでしょう。これは本当に素晴らしい出来栄えだと思います。見ただけで欲しくなるデザインです。

黒いボディに白の生地で包み込んだような柔らかさも感じるデザイン。そこにスリットから漏れる青いLED光がソフトに光り、白い外皮に青いLEDが柔らかくあたるトーンが非常に美しく、クール&ビューティーという感じの見栄えのするデザインです。

直線的で無骨なモノリスのようなXboxSeriesXとは正に対照的で、この両社の設計、デザイン思想の違いのコントラスト感は非常に面白いですね。

拡張スロット?と思わしきスロット部?。やや薄い形状になっています。
 

気になるのが拡張スロット部で、かなり薄いスロットでここに拡張の市販SSD(ソニーが認証した物)を挿すのでしょうか。この辺りも興味深いですね。

USB端子は前面中央に位置されており、コントローラーなどをUSBケーブルを挿して充電したい時などは、フロント中央から垂れ下がる形になってしまうので、見た目的には下部に設置して欲しかった気もしますね。。

薄く見せるために外殻をホワイトにして黒いボディを包み込み、中央で絞ったデザインなので、ディスクドライブの部分だけポッコリと膨らんでいるのは、全体のデザインが素晴らしいだけに、この部分のアンバンランス差が取ってつけたような感じになってしまい、目立ってしまっている気もします。

意外だったというか、サプライズだったのはディスクドライブのないデジタルエディションも同時に発表したことです。個人的には今日の発表イベントで1番のサプライズでした。

4K UHDディスクドライブの部分のアンバランスな膨らみがなく、中央の絞り込みから綺麗にラインが流れているデジタルエディションの方がすっきりとしたデザインでバランスも良いですね。

私の場合、既にSONYの4K UHDブルーレイプレイヤーがあるので、自分が買うならデジタルエディションかもしれません。

そして、一気に周辺機器も発表してきました。

HDカメラはおそらく、次期PS VRで活用されるのでしょうかね?4KではなくHDカメラだったのが意外でした。デザインはPS5とDual Senseコントローラー共通の白い外皮で包み込む共通デザインで仕上がってます。

そしてPULSE 3Dという名称のついたワイヤレスヘッドセット。これもPS5の流れを継承したモダンなデザインで素晴らしい仕上がり。テンペスト3Dオーディオエンジンによる3Dオーディオに最適化したヘッドセットになるようですから、これはちょっと気になります。

数ヶ月前のPS5システムアーキテクトのマーク・サニー氏の発表の際に、バーチャルサラウンドの聴こえ方には個人差があるのでそれを抑えるために、セットアップの段階でテスト信号数種類聞いてもらい、1番聴こえるものを選んでもらう事で、バーチャルサラウンドの聴こえ方の個人差を抑制するなんてアイディアも言っていたので、PS5はこのオーディオに関しては注目かもしれません。

ただし、マークサニーさんが「ドルビーアトモスは32個までのオブジェクトにしか音を割り当てられないが、PS5のテンペスト3Dオーディオエンジンは数百も割り当てが出来るので凄いことになる。」と言った事について、その後ドルビー研究所が「いや、ドルビーアトモスは数百のオブジェクトに対応してますよ。でも、多すぎると音場が混乱し、開発者も必要のない調整時間という労力もかかり、多いから良いというものではないし効果的ではない。」とあっさり反論、否定されてしまった事もあるので、これに関してはなんとも言えません。

そして、メディアリモコンも同時に発表されました。これもPS5の流れを汲むラインでデザインされ、下部にかけて曲線で構成されたモダンで洒落たリモコンになってます。PS5で4K UHDなどメディアマシンとして統一して使いたいユーザーさんは必須かもしれませんね。

しかし、残念なのは価格を発表しませんでしたね。私は間違いなく価格発表があると思っていたので、これもある意味驚きでした。これはソニーとしては「マイクロソフトさん、お先にどうぞ」という事でしょうかw マイクロソフトも「ソニーさん、お先にどうぞ」という事でしたので、価格の決定で両社の駆け引きが続いているようですw こうなると、マイクロソフトは7月のオンラインイベントで価格を発表するのでしょうか?

という事で、PS5のデザインは次世代と感じさせてくれる曲線で構成され、黒、白、にブルーLEDのトーンがなんともクールな印象で、個人的には良いデザインだと思います。直線的なXbox Series Xとは対照的なデザインで、正に「剛」のXbox Series X、「柔」のPS5という感じでしょうか。私は両機種買うので、似たような路線より、こう言った明らかな違いがあった方が面白いかもしれませんね。

とりあえずは、本体の雑感を述べさせて頂きました。発表されたタイトルに関しては、色々あるので次の記事で私なりの意見を書いて行きたいと思います。🔚

PlayStaion5日本公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720