「暴力と共感のサイクル」をテーマにしたゲームを作ると決めた理由。Last of Us 2の脚本家Halley Gross氏が語る。

『The Last of Us Part 2』は暴力的なゲームで、この暴力は簡単には回避することができません。エリーは自分と同じように、ただ生き延びようとしている他の人々と戦わなければなりません。彼女は、暗闇の中に隠れ、見張り、攻撃のタイミングを待っています。飛び出して鉈で誰かの腹を刺そうとする。弓矢で静かに正確に頭を射抜く、、そして、私はその一瞬一瞬の彼女を誘導している。私は正しいことをしているのかどうか、正直疑問に思う。

The Last of Us Part 2の共同脚本家であるHalley Gross氏に、ゲームのストーリーの半分くらいの部分にある、報道関係者が話し合うことが許されているプレビュー部分について話を聞きました。また、「罪悪感と後悔」というこのゲームの根強いテーマ、特にエリーの敵を人間化するという決定についても話しました。すべての敵にはゲーム内で名前が付けられており、エリーが致命的な一撃を加えると、敵の仲間たちは恐怖のあまりその名前を叫んでしまいます。これは何度聞いても辛い。

“このゲームは、ハードな選択とその結果についてのゲームです。ゲームプレイでも、キャラクターたちが経験しなければならない、細かいものからハードな選択まで全てを感じてもらいたいと思っています。犬を連れた女性に立ち向かうのか、ステルスしてリスクを冒すのか。私たちは、あなたが下す全ての決断の中で、それらを感じてもらいたいと思っています。罪悪感とは選択の結果、結果として生じるものであり、常にではありませんが、多くの場合、それは学習や成長の証でもあるのです”

このセクションでは、エリーが通っている黙示録的な地獄絵図(厳密にはシアトルだが、昔はシアトルだった)の中で、謎のカルト集団のようなグループが跋扈しているエリアを、こっそりと抜け出すか、殺害するかしなければならないのだ。WLFはこのゲームのもう一つの敵対する派閥で、事前のプレビュー映像で彼らと対決しました。彼らは軍国主義者のプレップパーで、訓練された戦闘犬を飼っていて、避けなければならないし、悔しいことに殺さなければならない。

Last of Us 2の共同脚本家であるHalley Gross氏は、ゲーム内の2つの派閥の実生活からのインスピレーションについて尋ねられた際、共同脚本家のNeil Druckmann氏が「実際には西海岸の出身で、彼は明らかにそのような根強い対立についての話に非常に興味を持っています。」と指摘しました。そのため、多くのテーマは彼がそのようなストーリーを伝えたいと考えたことから生まれました。開発スタジオのNaughty Dogはリサーチに細心の注意を払い、このゲームを可能な限り地に足の着いた本格的なものにしようとしており、我々は誇張された世界に生きているのだ。

一方、エリーには個人的な目的があり、その目的は結局、彼女をこの2つの対立する派閥の十字線に投げ込むことになる。

“私たちにとって、あるいは彼女にとっても、それらは乗り越えなければならない障害であり、回避しなければならない障害である。”しかし、そのような時に、人間味のある側面を感じてもらいたいと思っています。ゲームを進めていくうちに、これらの派閥はどんどん掘り下げられていき、うまくいけばすべてが完全に実現されたと感じられるようになるでしょう」とHalley Gross氏は述べています。

“私たちは常に、「暴力と共感のサイクル」についての会話に立ち返っています」とGross氏は続けます。”だから、このゲームのあらゆる面でそれを取り入れたいと思ったんです。暴力のサイクルがどのようにエスカレートしていくのか、という会話になります。”正しいことをしていると信じている2つの派閥がいる”

エリーは自分のしていることも正しいと信じている。彼女にはジャクソンに戻って守るべき家族がいるのですから。”私たちがこのゲームで大切にしていること、そして本当に解明したかったことは、ヒーローも悪役もいないということです。”黒も白もありません。そのため、エリーがシアトルを旅していて敵を目にしたとしても、彼らとの表面的なやりとりでは必ずしも解明できないような複雑さがあります。”

娘を亡くした父親としてのジョエルの旅路と、10代のエリーとの間に結ばれた思いがけない絆に主眼を置いた1作目の『Last of Us 』とは異なり、『Last of Us Part 2』では、エリーの視点を中心にしています。彼女は今、厳しい選択を迫られている人物であり、プレイヤーが共感しなければならない人物でもあります。Gross氏に、このゲームがジョエルに焦点を当てず、エリーに焦点を当てたものになっていることについて何か懸念があるかどうかを尋ねてみました。

「願わくば、19歳のレズビアンでなくても、エリーの部分や彼女の意思決定の部分を見て、あなたの心に響くものがあることを願っています」とグロスは言う。「私たちが目指しているのは、一瞬一瞬の決断の中でエリーと一緒にいて、この映画を見て、彼女の決断に共感、同意できなくても、彼女がなぜそうしなければならなかったのかと感じたり、何かをするのを止められないと感じたりするのを理解してほしいということです。」

「The Last of Us」をプレイしたことがある人は知っていると思いますが、ゲームの最後はジョエルがエリーに嘘をついたことで締めくくられます。その嘘はプレイヤーに、そしておそらくジョエルに、今起こった暴力は必要だったのか、それとも正しいのかという疑問を抱かせます。そう考えると、『ラスト オブ アズ パート2』のすべての瞬間に罪悪感が漂っているのも納得できます。

エリーが隠れるか、戦闘に参加するかを刻々と決めているように、それは戦闘のメカニズムに組み込まれています。しかし、壮大な計画では、エリーに選択の余地はありません。

The Last of Us Part 2をプレイしていて、現実のパンデミックはもちろん、アメリカ全土や世界中の活動家から抗議の声が上がっている現実の国家暴力や人種差別的な取り締まりについて考えないことは不可能です。

パンデミックや派閥争い、暴力が必要になった時のことを描いた暴力的なゲームをプレイして、自分の家の外の世界のことを考えないわけにはいきません。この時期にこのようなゲームをリリースすることにどんな心境なのか、Gross氏に聞いてみました。開発のNaughty Dogでは決して予見できなかったことです。

『今、私たちはこれまで以上に回復力を求めていると思います。このゲームでは、世界に打ちのめされ、過ちを犯し、困難な選択をしても、立ち直り続けるキャラクターたちを見ることができます。そして、そのような選択や経験から、彼らは明らかに進化し、変化していくのです。』

via Polygon

2020年6月19日発売を控えて、Polygonによる共同脚本家インタビュー。Last of Us Part 2をより深く楽しめそうな良記事だったので、日本語に翻訳してご紹介しました。

アメリカでは暴力の連鎖によるデモ、破壊行為、略奪行為が行われて混乱に陥りました。そんなタイミングで発売されるLast of Us Part 2。インタビューを聞いているだけで、色々な意味で物議になりそうな内容で、バイオレンス度も精神的な面でもかなりキツイ内容になるようです。

本作は先月に元社員?による大リークが問題になりましたが、先日のState of Playでもかなり問題になりそうなシーンもありました。正直、路線がウォーキングデッドと似てる印象はありますが、作品のテーマといいこれはプレイしないと損なタイトルになりそうです。

更に、PS5がリリースされた時には本作もアップグレードもされそうですし、まずは6月19日の発売が待ち遠しいタイトルです。🔚

Last of Us Part 2公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720