NVIDIA GeForce RTX 2070 SuperとNVMe SSDで、Unreal Engine 5デモを「かなり良く」実行出来る模様。

NVIDIA GeForce RTX 2070 SuperとNVMe SSDであれば、PC上でUnreal Engine 5デモを実行できるようです。

最近、エピックゲームズはアンリアルエンジン5を発表しました。技術デモはPlayStation 5で紹介されました。しかし、デモをPCで実行できるかどうかは不明でした。最近、Epic GamesのKim Libreriは、特定のハードウェア要件を与えることができることを確認しました。

数日前、Epic GamesはXbox Series XおよびPlayStation 5(PS5)用のUnreal Engine 5を発表しました。それ以来、フォトリアリスティックなデモがPCで機能するかどうかについて、XboxSeriesXおよびPS5よりも性能がやや劣るグラフィックカードで動作するのかどうか、混乱が生じていました。

World Today Newsが、Epic Gamesからの声明のリストをまとめ、PCでアンリアルエンジン5のデモ「Lumen in the Land of Nanite」を実行するために何が必要かを公開しました。

アンリアルエンジン5のNaniteが何をするかについての基本から始めましょう。 Epic Gamesは、新しいシステムの利点を説明するために、プレスリリースで次のように述べています。

仮想化されたジオメトリNaniteは、数億または数十億のポリゴンを含むオリジナルの映画品質のオブジェクトを、Unreal Engineに直接インポートできます。

Epic Gamesの最高技術責任者(CTO)であるKim Libreriが、この技術の背後を明らかにしました。

開発者が彫像のような特別に作成されたオブジェクトを使用する場合、高解像度のジオメトリを取得することは1つのことですが、適切に機能し、ビューアからのさまざまな距離で見栄えがよいメッシュを作成することは、もう1つの作業であり、かなりの作業になります。つまり、これらの膨大な作業を排除したかったのです。現在の結果が得られるまで、これに数年の実験を費やしました。

同社はさらに、このレベルのパフォーマンスがPCで達成できることを確認しました。 Epic Gamesの創設者Tim Sweeneyが以下を追加しました。

この詳細レベルでは、いくつかの異なるコンポーネントが必要です。それらの1つは、グラフィックスアクセラレータとそのアーキテクチャの一定レベルのパフォーマンスであり、これにより大量のジオメトリを処理できます。まず、テラフロップス数(要はGPU性能)が必要になります。 2つ目は、リソースを効率的にロードおよび転送するシステムの機能です。

テクニカルデモがソリッドステートドライブ(SSD)を備えたNVIDIA GeForce RTX 2070 Super GPUで実行できることを確認できました。次世代ゲーム機のPS5、XboxSeriesXにはより高速なデータ転送速度を提供するNVMe SSDが搭載されています。

デモは、GeForce RTX 2070 Superを搭載した最新のPCで動作するかどうかはLibreri氏によると、結果は「かなり良い」ものになります。スペック比較では、デモが実行されたPS5グラフィックアクセラレータは、最大で10.28テラフロップス(TFLOPS)を提供でき、GeForce RTX 2070 Superは9テラフロップスの理論性能を備えています。

PC上のUnreal Engine 5ゲームに興味がある場合は、2021年の後半にエンジンの起動とゲームが利用可能になる可能性があるときに、強力なGPUとNVMe SSDに投資する必要があります。

Epic Gamesは、ルーメンテクノロジーや虫、コウモリなどの動きを模倣するシステムなどこれらすべてがNVIDIAのハードウェアRTXレイトレーシングユニットで適切に機能するとしましたが、まだ正確な情報はありません。

via World Today News Windows Central

アンリアルエンジン5のデモは、ハイエンドより一つ下のグラフィックカードとNVMe SSDを搭載したPC(CPUもある程度の性能は必要かと思われます)であれば、かなり良く動くことが分りました。それと、EPICも言っていましたが、GPUパワーがあればあるほど高解像度でより綺麗に描画出来(当たり前の事ですがw)、SSDは市販のNVMe SSDであればOKとの事です。

EPICはテラフロップ数はあればあるほど良いとも言ってますので、やはりCU数では約40%、テラフロップス数では2テラフロップス上回るXboxSeriesXにとっては利点かもしれません。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720