【ソニーと緊密に協力】EPIC CEOティム・スウィニー「PS5はグラフィック品質の飛躍を遥かに超えるゲーム開発に変化をもたらすだろう。」

EpicのCEOであるティム・スウィニー氏は次世代のゲーム機、特にソニーのPlayStation 5は、グラフィックス品質の飛躍を遥かに超えるゲーム開発の変化をもたらすと絶賛しています。

同社の新しく発表されたUnreal Engine 5(以下、UE5)のプレスブリーフィング中に、ティム氏は「PS5は非常にバランスの取れたデバイスだと思います。膨大な量のGPU能力を備えていますが、ストレージ管理におけるマルチオーダーの帯域幅も増加しています。それは今後、絶対に重要になるでしょう」

ソニーの新しいコンソールとそのM.2 SSDのように「瞬間的に数10GBサイズ」の世界をレンダリングすることは、もっと印象的な偉業です。

「私たちはストレージに関してかなり長い間、ソニーと緊密に協力してきました」と彼は言います。「PS5のストレージアーキテクチャは、現在PCで購入できるものよりもはるかに優れており、現在は高価ですが購入はできます。これは、将来のPCシステムを促進させるのに役立つと思います。 

「PS5のストレージアーキテクチャは、PCで購入できるものよりもずっと先進的です。」

現在市販しているどのデバイスよりも速いと主張している新しいSSDドライブは、ロード時間をほとんど存在させないだけでなく、開発者がゲームを構成するデータに前例のないスピードでアクセスできるようにします。その結果、より大きなゲームワールドのロードがこれまでよりも格段に速くなり、開発者がビジュアル品質とパフォーマンスのバランスからレベル設計まですべてに取り組む方法に劇的な変化がもたらされる可能性があります。

スウィーニー氏は、PCでPS5に匹敵するM.2ドライブを入手できないと言っているわけではありません。むしろ、ソニーが作成したカスタムドライブと、それが全体的なPS5データ管理システムと対話する方法は、特にPC開発者がまだゲームを構築していないことを考えると、消費者がすぐに購入できるものという開発の観点から、それをより速くより印象的にすると言っています。

これは将来、両方の新しいコンソールが登場し、スウィーニーが予測するように、PCコンポーネントの設計とPC固有のゲーム開発に大幅なアップグレードを促す時に変わる可能性があります。

彼とEpicのエンジニアはコンソール自体を使用しています。スウィーニー氏は、UE5とPS5の開発中に両社は緊密に協力しており、次世代のタイトルを作成する開発者向けのEpicのゲーム開発ツールセットが、ソフトウェアが最終的に実行されるハードウェアに最適化されるようにしています。今朝リリースされたUE5デモは初期のPS5コンソールでも実行されていたため、Epicは非常に注目すべき映像をデバイス自体から直接キャプチャしました。

マイクロソフトのXboxSeriesXに関して、ティム・スウィーニー氏は新しいXboxが同様のことを達成することはできないとは言っていません。どちらも驚異的な速度を約束するカスタムSSDを使用しています。

しかし、エピックのソニーとの強い関係は、同社がこの特定の分野でマイクロソフトよりもPlayStationクリエーターと緊密に協力していることを意味します。とにかく、何十年にもわたって業界に携わり、あらゆる経験をしてきたティム・スウィーニーからの賞賛の言葉は、PS5にとっては強力な援軍と言えるでしょう。

PS5に関するさらに重要な詳細、主にそれがどのように見えるか、どれくらいの価格なのか、そしてソニーがMicrosoftのスマートデリバリー機能のようなPS4で購入したタイトルを、PS5に移行するかどうかについてはまだ明らかにしていません。

ソニーは、新型コロナウィルスが原因で、毎年開催されるE3イベントがキャンセルされる前に、大規模なE3をスキップして独自のイベントを行うことを決定しましたが、これまでにいかなる種類の公開イベント計画を明らかにしていません。

 3月のハードウェア仕様の概要と、リードデザイナーのマーク・サーニーによるシステムアーキテクチャの詳細と、先月の新しいDualSenseコントローラーの発表が最も近いものです。

ティム・スウィニーCEOがPS5を絶賛しています。特に爆速SSDとそのストレージシステムについてです。PS5の革新的なストレージシステムが、今後のPCのストレージシステムに進化を促すだろうとしています。

これはソニーの言う爆速SSDこそがゲームチェンジャーとするソニーの主張と共通し足並みが揃っています。ティム氏の発言の通りEPICはソニーと緊密に協力し、今回のデモ披露まで漕ぎ着けたわけです。自分も爆速SSDでPS5のファーストパーティゲームがどう変わるのか?非常に楽しみでしょうがありません。昨晩のUE5デモを見たら一層楽しみになります。

こうなると、ティム氏にPS5のストレージシステムとXBOXのベロシティアーキテクチャでは、実際のゲームではどれくらいの差が出るのか?と聞きたくなりますw

でも、一つ大事なのは、アンリアルエンジン5はPS5専用のものではありません。今回のアンリアルエンジン5デモ公開にあたり、EPICと緊密に協力しPS5に最適化させて公開したと言う事で、2021年後半にフルリリースされる製品版アンリアルエンジン5自体がPS5に最適化された専用エンジンという事ではないのです。

EPICにとってもUE5の大きな宣伝になりますし、ソニーにとってもPS5の大きな宣伝になります。両社の利害が一致したという事でしょう。 

この記事では何故か触れていませんが、ティム・スウィニー氏はXbox SeriesXを含めた、幅広いデバイスでアンリアルエンジン5は素晴らしいパフォーマンスを発揮出来ると発言し、アンリアルエンジン5は一つのハードに特化した物ではないと発言しています。このあたりは曲解をしない方が良いですね。

一つ気になるのは、それだけ最適化させても4Kではなく、2560x1440Pでハードウェアレイトレーシングもなしというのはちょっと肩透かしな気もしますが、アンリアルエンジン5のルーメンダイナミックライトニングテクノロジーはかなり効果絶大に見えたので、それでなしという事でしょうか?

最近はnVIDIAのDLSS2.0のように、低解像度でレンダリングし、AIやML(機械学習)で高解像度、高精細にする負荷軽減技術が急速に進化してきているので、解像度の数値というのは今後数年もすると、無意味になってしまうかもしれませんね。でも、現時点ではネティブレンダリングこそ1番綺麗な事には変わりありませんけどね。

何はともあれ、PS5も徐々に情報が出始めてきてワクワクします。XBOXのマイクロソフトもこのままではダメでしょうwしっかりとした実機ゲームプレイ映像を公開しないと、このままソニーの戦略に飲み込まれてしまいますので、マイクロソフトは明確な実機による次世代機と納得出来るようなインパクトあるゲームプレイ映像公開に期待したいところです。

🔚

via Verge

EPIC GAMES Unreal Engine 5公式日本版ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720