モータルコンバット11 追加シネマティックストーリー+3新キャラ&スキンが収録されたエクスパンション「AFTER MATH」のトレイラーが公開

モータルコンバット11の追加エクスパンションパックのトレイラーが公開されました。

タイトルのAFTER MATH(余波)の通り、シネマティック・ストーリーの続編です。ケイリーヒロユキタガワ演じるシャン・ツンが再び活躍する?内容に加えて、ロボコップを含む3新キャラクター、3スキンパックが追加されるオマケ付。

ロボコップが追加キャラに!相変わらず素晴らしい再現度です。

しかしモータルコンバットの弾けっぷりはある意味、他の格闘ゲームなど関係なく、「我が道を行く」という感じで、このマイペースな邁進ぶりにはリスペクトすら感じますw

シャン・ツン再び。。

正直なところ、独特な操作感とコンボシステムなので、スト2、バーチャで格闘ゲームをプレイし始めた私からすると、クセのある操作感には中々慣れず上手いプレイは出来ませんが、他の格闘ゲームにはないダークでブラックジョーク満載な残酷表現、バリエーション豊かなキャラクター、独特の世界観に見事なアートワークは他の格闘ゲームにはない魅力を放っていて、近年グラフィック技術が向上した事で、よりリアルな世界観を描けるようになり、更に作品として魅力が増しているようにさえ見えます。

トレイラー最後ではこんな場面もw

それだけに日本で未発売なのが非常に残念です。なんとか日本でも発売出来るようにはなりませんかね。。以前、当ブログでもCEROについて書きましたが、Zレートを設けたのに、その「CERO Z」で更に修正、削除される事自体が「Z」を設けた意味がないと思いますね。最近よく見かけるIARCレーティングを使って日本でもダウンロード専売だけでも発売出来ないものですかね。。 🔚

Mortal Kombat 11公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720