レイトレーシングに対応したマインクラフトwith RTX ON Windows10 BETAがいよいよ4月16日(米国時間)から開始。

レイトレーシングに対応し、劇的に変化したマインクラフトのRTX ON Windows10 BETAが北米時間の4月16日(日本時間4月17日)から始まります。nVIDIA JAPANが公式YOUTUBEチャンネルでトレイラーを公開しています。

レイトレーシングに対応する事で、今まで見慣れていたマインクラフトの世界がまるで別世界に変貌します。

ここまで変貌すると、今まであまりマインクラフトをプレイしていない自分でさえ、「これはプレイしてみようかな?」と気になってしまうくらいのインパクトがあります。

ちなみにMINECRAFT with RTX ON Windows10 BETAは、先日アップデートで2.0に向上したDLSS2.0(ディープ・ラーニング・スーパー・サンプリング2.0)にも対応するようです。

DLSS2.0を有効にするとNVIDIAは1.7倍のパフォーマンス向上をするとの事ですが、DLSS2.0のアップスケーリングは、レンダリング解像度が1080pの場合、品質モード(720Pからアップスケール)、1440pではバランスモード(835pからアップスケール)、2160p (4K)では、パフォーマンスモード(1080pからアップスケール)になるようです。

要は、低解像度レンダリングで負荷を抑え、AIによる超解像でアップスケールし同等の高精細で表示するという事です。

北米時間4月16日開始なので、日本時間では4月17日未明くらいでしょうか。少なくとも4月17日中にはプレイ出来るようになるでしょう。これは楽しみです。あまりマインクラフトに興味のない方でもRTXカードお持ちなら試してみる価値は十二分にありそうです。🔚

nVIDIA MINECRAFT with RTX ON Windows10 BETA公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720