ソニー、コロナウィルス拡大危機でPS5の発売への影響懸念に対し「PS5の発売に大きな影響ないと見ている」とコメント

ソニーの広報担当者は、ブルームバーグのインタビューの中で、次世代ゲーム機Play Station 5の発売への影響懸念に対し、「PS5の発売に大きな影響はないと見ている」とコメントしました。

しかし、コロナウイルス危機の影響により、以前に予測された利益増を修正し、4月に予定されている決算報告を遅らせる可能性があると語りました。

中国の2つの工場は通常の操業に戻っているそうですが、部品不足に直面し続けており、マレーシアと英国の施設は、政府の要請により4月中旬まで閉鎖されたままで、ソニーは新製品の組み立てについて話し合うためにこれらの場所に従業員を派遣することはできないと述べました。

ソニーは、コロナウイルスのために財務予測を修正、撤回することを余儀なくされている企業のリストに加わっています。

Apple、Expedia Group 、Twitter、そして木曜日には、Dell、VMWareが最新の業績見通しを撤回しています。

先日、マイクロソフトのナデラCEOも中国のサプライヤーは回復しており、問題ないと話していましたが、ソニーのサプライヤーの方も現時点では大丈夫そうで一安心です。

ただし、ナデラCEOはSurfaceなど製造出来ても果たしてこの状況下で需要がどれだけあるのかどうかが問題だと話していました。これはソニーも含めどの企業も同じ懸念を持っていると思います。

欧米でのコロナ・ウィルスの拡大被害は今も続いており、武漢も先日閉鎖が解除というニュース後にまた閉鎖されたと報じられ、アメリカでは感染者が50万人を超え、死者も数万人と甚大な被害が出ており、予断を許さない状況ではある事は認識した方が良さそうです。

なんとか5〜6月にはピークアウトに向かい、予定通りに年末には無事に揃って両機とも発売して欲しいところです。 🔚

ソース記事 ブルームバーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720