Xbox Series Xで採用される様々な技術用語を分かりやすく書いてみました。【PART2】

XboxSeriesXではDX12 Ultimateで取り入れられた新技術やXboxSeriesXのためのに開発されたものなど多数あり、新用語も沢山出て来ました。私自身も専門家ではないので、分からない事が多々ありました。という事で勉強も兼ねて米国XBOXサイトに掲載されている用語集を日本語に分かりやすく修正を加えて書いてみましたので、今後の参考になればと思います。前記事PART1からの続きとなります。是非、PART1もお読み頂けたらと思います。

RDNA2

XboxシリーズXのカスタムデザイン・プロセッサは、パートナーであるAMDが提供する最新の次世代グラフィックス・アーキテクチャであるRDNA2を活用しています。RDNA 2は、ハードウェア・アクセラレーション・レイトレーシングや可変レートシェーディングなどの次世代グラフィックス機能に加えて、パフォーマンスと効率を大幅に向上させます。

最近公開されたAMD RDNA2 DX12 Ultimate レイトレーシングデモ

Sampler Feedback Streaming (SFS)サンプラー・フィードバック・ストリーミング

Xboxベロシティー・アーキテクチャーのコンポーネントであるSampler Feedback Streaming (SFS)は、XboxシリーズXのハードウェア機能で、GPUがシーンに必要とするテクスチャの部分のみを必要に応じてきめ細かくメモリにロード出来ます。これにより、テクスチャのメモリ使用率が大幅に向上します。これは、すべての4Kテクスチャが8MBのメモリを消費することを考えると、非常に重要です。テクスチャの不要な部分をメモリにロードする無駄を避けるため、物理メモリ量とSSDパフォーマンスの両方で2倍または3倍(またはそれ以上)効果的です。

SDR to HDR Conversion (SDRからHDRへの変換)

XboxシリーズXを使用すると、ID @ Xboxプログラム内の最近のタイトルを含む既存のXboxゲームは、ネイティブHDRサポートしていないため、次世代の処理が可能になります。 XboxシリーズXは、革新的なHDR再構築技術を活用して、開発者の作業や利用可能なCPU、GPU、またはメモリリソースへの影響なしに、既存のSDRゲームをHDRに強化できます。

Smart Delivery(スマートデリバリー)

スマートデリバリーは、XboxシリーズXで導入された新しいテクノロジーで、何世代にも渡って、あなたが所有するゲーム用の最高バージョンのゲームを常にプレイ出来るようにします。 「Halo Infinite」を含む、XboxシリーズX向けに最適化された全てのXboxゲームスタジオのタイトルは、スマートデリバリーをサポートし、どのコンソールでプレイしても最高のバージョンを提供します。例えば、サポートされているタイトルのXbox Oneバージョンを購入した場合、通常どおり、Xbox Oneに最適なバージョンを識別して配信します。 Xbox Series Xで次世代への移行をした場合、Xbox Series Xに最適化されたバージョンのゲームが自動的に提供されます。 スマートデリバリーは、全てのXbox開発者が利用出来ます。

Spatial Audio(空間オーディオ)

空間オーディオは、没入感のあるサウンドを提供し、プレーヤーが3Dのゲーム空間でオブジェクトをより正確に特定できるようにします。 Dolby Atmos、DTS X、およびWindowsソニックサウンドを完全にサポートするXboxシリーズXには、CPUからオーディオ処理をオフロードする専用のカスタム・オーディオハードウェアがあり、これらの没入型体験のアクセシビリティ、品質、パフォーマンスが劇的に向上します。

マイクロソフト プロジェクト・アコースティクス

TFLOPS (Teraflops) テラフロップス

TFLOPS(テラフロップス)は、1秒間に1兆回の浮動小数点演算を表し、GPUの生の数学的なパフォーマンスの尺度です。 XboxシリーズXは、Xbox One Xの6TFLOPSの2倍、12 TFLOPSの32ビットフロートパフォーマンスを提供しますが、AMDのRDNA 2アーキテクチャと、可変レートシェーディング(VRS)やハードウェアアクセラレーションDirectXなどの次世代機能によってもたらされるアーキテクチャ効率の向上したレイトレーシングなどで、Xbox Series Xがゲーム用Xbox One Xの2倍以上の効果的なグラフィックパフォーマンスを提供することを意味します。

Variable Rate Shading (VRS) 可変レートシェーディング

可変レートシェーディング(VRS)は、最も必要な場所にシェーダー作業を集中させ、目立たない領域のシェーダー作業を削減することにより、GPUの効率を向上させます。開発者の労力を最小限に抑えることで、VRSはGPUのパフォーマンスを大幅に向上させ、グラフィックの品質を損なうことなく、高解像度とよいり安定したフレームレートを実現します。

Variable Refresh Rate (VRR) 可変リフレッシュレート

可変リフレッシュレートは、HDMI 2.1に新たに追加されたもので、ゲーム機が画像をレンダリングできる速度でディスプレイをリフレッシュできるため、画像の乱れもなく、滑らかさが増し、待ち時間が短縮されます。業界の大手テレビメーカーと協力して、ディスプレイ・エコシステムがXboxシリーズXで提供する機能に対応出来るようにしています。※現状、対応TVが少ないのが残念。今後増えてくれることに期待したいですね。

Xbox Series X Storage Expansion Card(XboxシリーズX ストレージ拡張カード)

Seagateとのパートナーシップにより開発されたこの1 TBのカスタムストレージソリューションは、Xboxベロシティーアーキテクチャーのフルスピードとパフォーマンスで、XboxシリーズXのストレージ容量を拡張します。前世代のXboxタイトルは外部USB 3.2のハードディスクから直接起動出来ます。ただし、Xbox ベロシティーアーキテクチャーと最適なパフォーマンスであるXbox Series Xの全ての利点を享受するには、最適化されたゲームを内蔵SSDまたはXbox Series X拡張ストレージカードからプレイする必要があります。

Seagateと共同開発された1TBとは思えないコンパクトな拡張SSDストレージカード。
放熱性を考慮して全体が金属で出来ているようです。
XboxシリーズXの背面拡張ストレージスロットもメインチップと直結されており、高速読み出しが可能に

Xbox Velocity Architecture(Xboxベロシティーアーキテクチャー)

Xbox Series X用に作成された新しいアーキテクチャで、これまでにないゲーム機開発で新しい機能のロックを解除します。カスタムNVMe SSD、専用ハードウェア解凍ブロック、まったく新しいダイレクト・ストレージAPI、サンプラー・フィードバック・ストリーミング(SFS)の4つのコンポーネントで構成されています。このカスタム・ハードウェアと深いソフトウェア統合の組み合わせにより、開発者はストリーミングを根本的に改善し、利用可能なメモリを効果的に増やすことができます。これまでに見たことのない、より豊かでダイナミックなゲームの世界を可能にします。また、ロード時間を効果的に排除し、高速移動システムを実現します。

Xbox Wireless Protocol(XBOXワイヤレスプロトコル)

待ち時間を短縮する最初のポイントの1つは、コントローラーとコンソール間の通信です。 Xbox Oneファミリーのデバイスにある既存の高帯域幅、低遅延のワイヤレスプロトコルをXboxシリーズXに導入することで、ゲーム体験の遅延を削減できるだけでなく、既存のXbox Oneゲームアクセサリーの全てを確実に使用出来るようになります。全てのアクセサリーはXboxシリーズXと互換性があります。

Zen 2

XboxシリーズXのカスタムデザインプロセッサは、AMDの最新のZen 2 CPUアーキテクチャを活用しています。 Zen 2 CPUは、Xbox One Xの4倍以上の大幅なパフォーマンス向上を実現しています。

120 FPS

最大120フレーム/秒(FPS)をサポートする、XboxシリーズXにより、開発者は従来の60 ​​FPSを超えることができ、リアリティの向上とペースの速いアクションのより正確な制御が可能になります。

とりあえず公式ページでの用語解説はこれが全てです。次世代ゲーム機XboxシリーズXでは様々な新機能が取り入れられ、昨日新たに発表されたDirectX12 Ultimateの機能は、XboxシリーズXにもしっかりと取り入れられており、よりPCとの距離が縮まることになるでしょう。

DirectX12 Ultimateに関しては別記事として取り上げたいと思っています。最後までお読みなって頂き、ありがとうございました。🔚

マイクロソフト DX12Ultimate アナウンスページ

nVIDIA DirectX 12 Ultimateページ

米国マイクロソフトXboxSeriesX公式ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720