TAG ペンタゴン

アメリカ政府内では現在、今までにない程、未確認飛行物体の調査と研究に向き合い、情報公開推進派の勢いが増している模様。

ワシントン・ポスト紙が、数多くのコラムの中で特に反響が大きかったのは、2019年に執筆された「UFOは存在する、その事実に適応する必要がある」という見出しの記事だったそうです。 そのコラムでは、宇宙人が地球を訪れたとは書…

【水面下で激しい抵抗か】6月下旬が期限の米政府UFO情報公開命令、各機関の出し渋り、妨害で遅れる可能性。アドバイザーは、期限までに全機関からの詳細報告は難しいとして、「中間報告」を提言。

米情報機関は一体、何を隠そうとしているのか?そして、何故そこまで見せたくないのか?やはり国防に関わる機密情報が絡むので、敵を利することになるからなのか? POLITICOのブライアン・ベンダー記者が、米政府の複数の現役・…

【ガチ】米海軍は現在、軍人のUFO(未確認飛行物体)、UAP(未確認空中現象)目撃報告を真剣に受け止め、目撃報告を本格的に調査する組織を設けている。

POLITICOによると、米海軍はパイロットなどが「未確認航空機(UFOまたは未確認空中現象”UAP”)」に遭遇した際に報告するための新しいガイドラインを一昨年の2019年に設けています。これは、軍人による原因不明の目撃…

【CNBC報道】Microsoft、Holo Lensベースのカスタム・ヘッドセットを米陸軍に12万台供給ー10年間で最大218.8億ドル(約2兆4千億円)の契約となる可能性。

CNBCの報道によると、マイクロソフトは、米国陸軍にHoloLensベースのカスタム・ヘッドセットを供給する契約を獲得したようです。この契約は、10年間で最大218億8,000万ドル(約2兆4千億円)にもなる可能性があり…

米ペンタゴンの新設されたUAPTF(未確認空中現象タスクフォース)から漏洩した報告書で「人間ではない技術」「謎の物体」についてガチで議論されていた。

UFO「UAP(未確認空中現象)」の「検出、分析、目録作成」に使用された国防総省のUAPTF組織からの2つの機密報告書が流出したようです。そこには未確認物体の写真が含まれているようです。 未確認空中現象タスクフォース(U…

米国ヒストリーチャンネル、出演者全員元軍人、政府関係者のガチUFOドキュメンタリー番組「Unidentified: Inside America’s UFO Investigation」(解禁!米政府UFO機密調査ファイル)シーズン2の全8話のエピソードガイド日本語訳。

Update.10.13 米国で全8話の放送され、今まで6話までだったので、更にエピソード7、8のエピソードガイド日本語訳を追加掲載しました。 米国ヒストリーチャンネルが製作、放送した「Unidentified: Ins…

【米政府が変化】米上院議員『国防総省の機密扱いのUFO関連のブリーフィングを受けた。』と明かす。

『海軍パイロットが原因不明の空中干渉に遭遇した場合、それは安全上の懸念であり、我々が真相を究明する必要があると考えている。』とマーク・ワーナー上院議員の広報担当者レイチェル・コーエンは声明で述べています。 さらに米議会と…

【歴史的出来事】米国防総省が公開した米海軍パイロットが撮影したUFO映像を正体不明物体と発表。その詳しい背景を解説します。

本日、日本の主要メディアでも報道されている、米国防総省(ペンタゴン)が公開した、米海軍が2004年と2014〜15年にかけて撮影したUFO映像を、正体不明UAP(未確認航空現象)と結論付けて発表した事に、驚きと同時に長い…