Remedy、決算発表で『CONTROL』のスピンオフタイトル、『Alan Wake 2』などの開発進捗状況を報告。

, , ,

           

Remedyは、最新の決算発表を行い、現在開発中の様々なゲームプロジェクトに関する最新情報を提供したようです。

RemedyのCEO Tero Virtala氏がAlan Wake 2』、『Vanguard』、『Condor』、その他のプロジェクトの進捗状況について述べています。

“『Alan Wake 2』は、本格的な制作段階に入っています。まだ多くの作業が残っていますが、多くの部分でゲームの完成形が見えてきています。『Alan Wake 2』は2023年に発売される予定です。”

と述べ、Alan Wake 2の開発は順調なようです。

“「Control」のスピンオフゲーム「Codename Condor」は、引き続きコンセプト実証の段階にあります。「Codename Heron」は、より大きなControlのゲームですが、コンセプトの段階で、そのプロトタイプが作りながら続けられています。”

Remedyは先月、『Max Payne』と『Max Payne 2』のリメイク版をロックスターが出資して開発中であることを発表しています。両作は、1つのパッケージで販売され、XboxシリーズX|S、PlayStation 5、PCで発売される予定です。

現在はまだ「コンセプト開発段階」という両作品は、『Quantum Break』や『Control』に採用されたRemedyのゲームエンジン「Northlight」エンジンを使用する予定です。

Tero Virtala氏は、

“Max Payne1作目と 2作目のリメイク発表に対する世間の反応は、圧倒的にポジティブなものでした。マックス・ペイン は、明らかにRemedyだけでなく、世界中のゲーマーの心の中に特別な位置を占めているのです。新旧のファンのために、リメイク・ゲームをお届けできることを大変嬉しく思っています。”

述べています。

個人的にも『Max Payne1&2』のリメイク、『Alan Wake 2』も本当に楽しみで待ち遠しいですが、『Quantum Break』の続編も、、と言いたいところですが、権利はMicrosoftが持っているとも言われているので、しばらく実現は難しそうですね。。🔚

via Remedy Entertainment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720