【マイチェン?】ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントが、「プレイステーション 5」の新モデルナンバーが技適通過した模様。

,

「プレイステーション 5」の新モデル・ナンバー(型番マイナーチェンジ?)が日本で技適通過したようです。

技適通過のページを見ると、4月08日に無線仕様を更新した新モデル「CFI-1200」シリーズと見られるものを工事設計認証したようです。この製品は、無線・無線通信機器が一定の技術基準に適合していることを保証する、日本の総務省の意匠認証を取得しています。

PS5のローンチハードの型番はCFI-1XXX、2021年発売の初のマイナーチェンジ版の型番はCFI-11XXが採用されています。

昨年5月、Digitimesがソニーが2022年にPS5のリデザインの生産を開始し、AMDの「新しいセミカスタム」6nm CPUを搭載すると報じられていました。

台湾のDigiTimesは、昨年5月に業界筋の話として、TSMCを含むサプライヤーが、2022年の第2四半期から第3四半期の間に、ソニーの「プレイステーション5(PS5)」のリデザインに向けた生産を開始する見込みと報じています。

昨年モデルチェンジしたPS5は、銅製ヒートシンクの削減、ファンブレード、大きさの改良など、コストダウンを中心にした変更で、外観には大きな変化はありませんでした。

今回発覚した「CFI-1200」シリーズも同様の可能性が高いですね。

ソニーのCFOである十時裕樹氏は昨年、そして今年も世界的なハードウェア部品の不足に対処するため、設計変更、二次サプライヤーの調達、変更など、さまざまな解決策を検討していると述べています。

事実は分かりませんが、CFI 1200シリーズは半導体のサプライヤー変更や、一回り小さくなった(それでもデカそう)初のリデザインとなるのか、、気になるところですが、正直現在のPS5がちょっとデカすぎるので、コンパクト化はあり得るかもしれませんね。でもリリースされるにしても、スケジュール見るに今年後半〜年末くらいではないでしょうか?🔚

via DigiTimes Asia ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720