インテルCEO「半導体の需給バランスが取れるのは、2023年以降だろう。」

, , , ,

        

インテルのパット・ゲルシンガーCEOは、CNBCのインタビューで半導体不足が解消されるのは2023年以降になると予想しています。

“今は最悪の時期で、来年は四半期ごとに少しずつ良くなっていくだろうが、需給バランスが取れるのは2023年以降だろう。

CPUはあっても、液晶パネルがない、Wi-Fiがないなど、マッチセットと呼んでいる。データセンターは特に、電源チップやネットワーキング、イーサネットチップなどで苦労している。”

と、パット・ゲルシンガーCEOはCNBCのインタビューで述べています。

ゲルシンガーCEOが言及しているのは、PC関連に関してですが、半導体部品についてもあ話しており、PS5もXbox Series Xの供給不足もこれに当て嵌まりそうで、AMDから供給される心臓部となるメインSOC(System on Chip)はあっても、他の通信、ネットワークチップなどの他の半導体チップの調達不足で、十分な台数を完成品として仕上げられず、潤沢に供給出来ないんでしょうね。

PS5もXbox Series Xも発売から約1年半が経過していますが、徐々に供給はされてはいるものの、旺盛な需要に対して未だに十分な供給がされていない状況。小売店やネットショップに在庫があると、ニュースになるほどです。これは、前世代ではなかった事で、正に異常な状態が続いているという事でしょう。

インテルのゲルシンガーCEOの話からも、来年2023年以降までコンソールも供給不足が続きそうな状況かもしれません。🔚

via CNBC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720