『ベター・コール・ソウル』ラロ・サラマンカ役のトニー・ダルトンがファイナルシーズンのエンディングについて仄めかす。「文字通り、家を燃やし尽くすという事。」

,

    

『ベター・コール・ソウル』でラロ・サラマンカを演じる俳優トニー・ダルトンが、『ベター・コール・ソウル』の最終シーズンのエンディングについて、気を引き締めるよう警告しているようです。

“視聴者が、これから何が起こるのか、どんなに考えても思いもつかないだろうね。きっと気に入ってくれると思う。今回が最終シーズンだから、製作者はあらゆる手を尽くしている。全てだよ、家を燃やし尽くそうと。本当にあらゆる手を尽くしているんだ。これからどうなっていくのか、とても楽しみだね。”

「ブレイキング・バッド」では、ナチョ・バルガもラロ・サラマンカも、ジミーの良き伴侶である、キンバリー“キム”ウェクスラーも不在なので、行き着く結果はある程度は想像がつくのですが、これらのキャラクターが「ブレイキングバッド」へと続く過程でどうなっていくのか、、そのあたりの流れも非常に気になるところです。

『ベターコールソウル』ファイナルとなるシーズン6(2部構成、5月末で一旦休止、7月1 2日から再開)は、2022年4月27日時点で、第3話まで配信されており、毎週火曜日にNETFLIXで配信されています。

VarietyのAwards Circuit Podcastでは、他にも『ホークアイ』など出演作についても語っています。

🔚

🔚

via Variety

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720