PS5の新しいシステムアップデートが公開。PS5ユーザー待望のVRR(可変リフレッシュレート)対応も発表。ただし、、

,

ソニーは、昨日3月23日にPlayStation 5およびPlayStation 4のシステムソフトウェアのアップデートを配信開始し、新しいパーティ機能およびUIを一部刷新しました。

そして、プレイステーション・ブログの中で、遂に PS5ユーザー待望の可変リフレッシュレート(VRR)のサポートが発表されました。

ただし、“今後数ヶ月以内に”との事です。

VRR(可変リフレッシュレート)は、HDMI 2.1対応の4K、8KテレビやPCモニターにおいて、ディスプレイのリフレッシュレートをPS5本体のグラフィック出力に合わせてリアルタイムで同期する機能で、これによりフレームペーシングの問題や、画面のちらつき、カクつきなども低減、もしくは排除し、プレイステーション5タイトルのビジュアルパフォーマンスを向上させることができます。

デジタルファウンドリーによれば、60fpsタイトルでフレームレートが多少安定していなくても、45〜60fpsの間の推移であれば、VRRの機能によってまるで60fps安定かのように滑らかにしてくれるとの事。デジタルファウンドリーは、「VRRこそ次世代のゲームチェンジャー」といっています。

また、画面が瞬時にレンダリングされ、グラフィックはより鮮明に、入力遅延も減少し、多くのPS5のタイトルにおいてゲームプレイがよりスムーズに感じられるようになるとの事。

更に、追加オプションとして、VRRに対応していないPS5のタイトルにもVRRを適用することが可能になるようです。この機能により、一部のゲームでは映像品質が向上する場合があるとの事。

しかし、VRRを適用したことで予期しない問題が生じた場合は、いつでもこのオプションを無効にすることが出来るようです。これらの追加オプションは、どちらも任意でON、OFFの切り替えが可能との事。

VRR対応ファームウェアの配信が近くなった時点で、ゲームパッチによってVRRに対応するタイトルの詳細な情報をアナウンスするようです。

Xbox Series Xは発売時からVRRに対応(FreeSync Premium)していたので、PS5も早く対応して欲しいと思っていましたが、ようやくですね。

“数ヶ月以内”が、2ヶ月後なのか、3ヶ月後なのか分かりませんが、待ち侘びていた機能だったので、少しでも早く対応して欲しいところです。🔚

via PlayStationBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720