『グランツーリスモ7』、最新パッチ1.07を配信、様々な批判を受けてレースの獲得クレジットを修正。(Update:2022.03.19)

,

Update:2022.03.19 :パッチ1.07で問題が起きた事で、最終的に1.07をリリースを直前で中止、1.08の配信という事になっています。

『グランツーリスモ7』が最近配信した新パッチ(バージョン1.07)は、マイクロトランザクションに対する批判が広がった事で、多くのレースで獲得できるゲーム内通貨を減らし、ゲームだけのプレイでは高価な新車のアンロックが難しくなりました。

最新パッチ(バージョン1.07)では、いくつかのレース後の獲得クレジットが減り、バグによりゲーム内クレジットの荒稼ぎに使用されていたゲーム後半の2つのレースが修正されました。

『GT7』に限らず、多くのレースゲームにはマイクロトランザクションが採用されていますが、『GT7』の一部の高級車は本当に高価で、通常の方法で購入するのに必要なクレジットを得るには、相当な時間をかけてゲームプレイが必要です(一部の車は、数十時間のレースが必要になる可能性も)。

その他の車(特に高価な「伝説の車」)も、ゲーム内のさまざまなショップ(中古車など)に出現したりします。

これは、「FOMO」効果(Fear Of Missing Out、フォーモ:自分が居ない間に他人が有益な体験をしているかもしれない、、と言う不安に襲われる心理を指す言葉)といえるものだそうで、プレイヤーはゲーム内通貨を実際のお金を使って増額し、ある車がなくなる前に購入するように仕向けるわけです。

問題は、これまでのシリーズとは異なり、プレイヤーは車を売ってクレジットを稼ぐことができません。キャンペーンをクリアすると、ゲーム内で最も高価な車である「レジェンドカー」を集めることが最大の目標になります。これらの車を獲得するためには、ゲーム内のレースを延々と繰り返しプレイすることが唯一の方法です。

その結果、コミュニティの一部メンバーが、簡単にゲーム内クレジットを荒稼ぎ出来るレースリストを作成、これらのリストが、最新パッチの主なターゲットとなるようです。

このパッチは、プレイヤーがこれら特定のレースで得られる獲得クレジット数を減らすものです。(増額もある)しかし、ベースの『グランツーリスモ7』が比較的高価なゲームであることから、更にリアルマネーでクレジットコンテンツを買わせようという意図も感じられ、多くのファンが不満を感じているようです。

Discordユーザーのddmによると、以下のレースの獲得クレジットが変更されたそうです(太字が修正後の獲得クレジット)。

World Touring Car 800: 24 heures du Mans Racing Circuit: 5,000 Cr → 70,000 Cr

World Touring Car 800: Monza Circuit: 5,000 Cr → 70,000 Cr

World Rally Challenge: Alsace Village: 50,000 Cr → 30,000 Cr

Dirt Champions: Fisherman’s Ranch: 65,000 Cr → 30,000 Cr

Dirt Champions: Sardegna Windmills: 65,000 Cr → 40,000 Cr

Dirt Champions: Colorado Springs Lake: 65,000 Cr → 40,000 Cr

GT Cup Gr. 4: HIgh-Speed Ring: 65,000 Cr → 35,000 Cr

GT Cup Gr. 4: Brands Hatch GP Circuit: 65,000 Cr → 45,000 Cr

GT Cup Gr. 3:  Spa Francorchamps: 75,000 Cr → 50,000 Cr

GT Cup Gr. 3: Suzuka Circuit: 75,000 Cr → 50,000 Cr

GT Cup Gr. 3: Autodrome Lago Maggiore: 75,000 Cr → 50,000 Cr

Clubman Cup Plus: High Speed Ring: 35,000 Cr → 25,000 Cr

Clubman Cup Plus: Tsukuba Circuit: 35,000 Cr → 25,000 Cr

Clubman Cup Plus: Goodwood: 35,000 Cr → 12,000 Cr

American Clubman Cup 700: Special Stage Route X: 30,000 Cr → 15,000 Cr

American FR Challenge 550:  Blue Moon Bay Speedway : 15,000 Cr → 10,000 Cr

American FR Challenge 550:  Weathertech Raceway  Laguna Seca: 15,000 Cr → 10,000 Cr

American FR Challenge 550: Willow Springs Raceway: 15,000 Cr → 10,000 Cr

よく見ると、ほとんどが獲得クレジットが減っているレースですが、2つのレースだけ増額(5,000Cr→70,000Crと大幅増額)されています。おそらくプレイヤーの負担に見合った獲得クレジットにバランス取りされた印象。とは言え、この獲得クレジット減少は、プレイ意欲が若干削がれるかもしれませんね、、

『グランツーリスモ7』では、ゲーム内のクルマを購入するために、リアルマネーを使ってゲーム内クレジットを追加することができます。

追加クレジットパック、当初確か200万クレジットで2,200円だったはずですが、現在は2億クレジット=2,200円になっています。同じ2,200円の投資で獲得出来るゲーム内通貨が2桁多く買えるようになったようです。

200万→2億クレジット=2,200円

75万→7500万クレジット=1,100円

25万→2500万クレジット=550円

100万→1000万クレジット=275円

購入出来るクレジットが上記の2桁に増額される前は、高価な車を買うには3000円〜4000円近い金額をかけてゲーム内クレジットを追加しないと買えないコスパの悪さでした。このゲーム内クレジットコンテンツは、パッチ修正後に増額されたらしい?ので、批判を受けての増額かもしれません。

『グランツーリスモ・スポーツ』では、プレイヤーはマイクロトランザクションとして個々のクルマを購入することができ、大半のクルマは1台102円(0.99ドル)から509円(4.99ドル)の価格設定になっていました。『グランツーリスモ7』は現時点では、ある程度の金額のリアルマネーを投じて、ゲーム内クレジットコンテンツを購入し、高価な車を選んで買うという状況です。

今回の修正でリアルマネーを投じれば、ある程度高価な車がいくつか買えるようになった事で、コスパ批判は気持ち和らぎそうな気はしますが、どうでしょうか、、

そして現在、「GT7」はサーバーメンテ中でプレイ出来ない状態です。海外メディアの報道によると、最新アップデート「1.07」で問題が見つかったためにサーバーメンテナンス期間を延長するようです。

🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720