マイクロンCEO、チップ不足は2023年まで続き、SSDとDRAMの価格は上昇するとの見通しを示す。

, , , , ,

マイクロンの社長兼CEOであるSanjay Mehrotraは、最近ホワイトハウスでバイデン大統領と会談し、サプライチェーンについて議論、FoxBusinessがマイクロンのCEOにインタビューし、現在のチップ不足と業界に対する彼の見解について話しています。

それによると、チップ不足は改善はされているものの、半導体チップの完全な在庫復活が完了するのは2023年になるとの事。

“チップ不足は、2022年で改善されるものもあれば、2023年になっても続く物があります。もちろん、マイクロンでは、お客様がもたらして頂いてる需要の伸びに対応するために、必要な投資を続けています。”

どうやら、半導体不足はまだまだ続きそうですね、、今後も様々な製品に影響がありそうです。

また、Mehrotra氏は、チップ分野の改善に大きく関わってくるのが自動車産業であると述べています。

「自動車の自律走行が進むと、実は“車輪の上のデータセンター”のような存在になりつつあります。つまり、メモリやストレージを大量に搭載しているのです。」

同氏は、「世界の半導体不足分を米国が補うようになり、世界の半導体市場の競争に追いつくだけでなく、追い抜いてリードしていかなければならない。」と述べています。🔚

via FoxBusines

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720