【本日深夜にプレイも解禁】『Elden Ring』メディア・レビューで驚異的な平均スコアをマーク中。各メディア・レビューの一部をご紹介。

, , ,

2022.02.25 Update(PlayStation LifeStyleのレビューを追加。)      

2月25日に発売される、フロムソフトウェア開発の『Elden Ring』のメディアレビューが解禁され、レビュー集計サイトのMetacriticで現在97点という驚異的なレビュー平均スコアを獲得しています。

DailyStar、GameRant、IGN、TheGamer、GamesRadar+、VGC、GameBeatと言ったレビュアーは軒並み満点評価をつけています。以下、いくつかのレビューの日本語訳の一部を紹介しておきます。


GamesRadar+ 100点

『Elden Ring』は、『ダークソウル』の方式を改良、進化させたもの。魅力的で広大な世界を提示している。時折、過剰な表現があるものの、苦しみを味わうことがこれほど楽しいことはない。

GameRant 100点

『Elden Ring』は、ほとんどの人を失望させることのない驚異的なゲームである。このジャンルのファンが求める要素のほとんどを備えている。つまり、不思議な美しさ、探索を誘う謎の感覚、巧みにデザインされた威圧的な敵、さまざまなクラスやビルドによるリプレイ性の高い豊かなゲーム性だ。結局のところ、『Elden Ring』は単なるオープンワールドの『DARK SOULS』ではない。古典的な『ダークソウル』の設計図に手を加えることで、親しみやすさの中にも新鮮な新体験を生み出し、独自の魅力を発揮している。

DailyStar 100点

『Elden Ring』の伝承は、常に叙事詩のように感じられるが、最終的には“筋金入りファンタジーのナンセンスさ“だ。『Elden Ring』を長くプレイできるのは、発見の多さと、あらゆる場面での多様性とチャレンジだが、“楽しさ”と“地獄”が同居している。最初からとてつもなく手強いゲームでもあり、カジュアルゲーマーは注意してほしい。戦士として徐々に成長していく過程では、多くの挫折を味わうことになるだろう。2022年も素晴らしいビデオゲームが誕生した。すでにコンソールのトップ・イヤー・ゲームになりつつある。

TheGamer 100点

フロム・ソフトウェアは、自らの信条を引き裂いて、それまでのすべての作品を凌駕するまとまとまりのある世界に再構築している。「The Lands Between」では、圧倒的な自由度でゲームを楽しむことができ、一見すると難解なチャレンジや、緻密に構成されたストーリーを楽しめる。これは間違いなく、最近のゲームの中で最高の作品のひとつと言えるだろう。

VGC 100点

『Elden Ring』は、何時間もの戦いの末、手強いボスを倒したときの比類なきスリル、達成感を味わえる素晴らしいゲーム。『ダークソウル』のような教会を崇拝する人は、基本的に彼らが望んでいた事をすべて備えたゲームとなるだろう。

GameBeat 100点

私はこの土地の隅々まで探索し、発見を満喫していますが、すぐにはやめられないだろう。

Guardian 100点

他に類を見ないデザインと創意工夫の結晶だ。

Videogamer 90点

ゲームでこれほどのダイナミクスは他にないだろう。ゲームは私たちに様々な不幸をもたらすが、その対価としてお金を払っている。

Eurogamer Italy 90点

常に楽しませてくれる広大な世界観、「Lordran」を彷彿とさせる芸術性と物語の一貫性、圧倒的な量のコンテンツ、そして完璧に近いコンセプト・デザインなど、『Elden Ring』は、従来の長所と短所を持つ「ソウル・ボーン」という方式の中で、可能な限り最高の結果を出している。

GAMES CH 90点

『Elden Ring』は、『Dark Souls』、『Bloodborne』、『Sekiro』を混ぜ合わせたようなゲームだ。その巨大なゲーム世界はあなたを探索へと誘い、必須コンテンツよりもオプションコンテンツの方が多い。細かいバランスの問題はあるが、すべての長所を考慮すると、それは消えてしまうだろう。全体的に見ると『Elden Ring』は目に見えるレベルでは前作に及ばないが、アクションRPGファンにとってはプレイすべきゲームであることに変わりはない。

PlayStation LifeStyle 90点(2022.02.25 Update)

『Elden Ring』は、2009年に発売された『Demon’s Souls』以来、フロム・ソフトウェアがずっと温めてきたゲームのように感じられる。巨大なオープンワールドに溢れる手強い敵、ジョージ・R・R・マーティンの影響が明らかなキャラクターたち、そしてフロム・ソフトウェアが得意とする伝説の数々が、すぐには忘れられない冒険を演出してくれる。そう、ゲーム機3世代を経て、この手のゲームにありがちな“定番化“が確実に現れている。しかし、よく言われているように「壊れていないなら、直さなくていい!」のだ。


まだ多くのメディア・レビュアーがレビュー中なので、平均スコアは今後上下する可能性がありますが、概ね高評価しているレビュアーが多いのは印象的ですね。

私も『ブラッドボーン』、『ダークソウル』シリーズ、『隻狼』など一通り購入してプレイして来ましたが、結果的にクリア出来ず終いで、放置状態。。w この手のアクションゲームは苦手なのかもしれませんw

しかし、ダークな世界観やアートワーク、独特なキャラクターデザインは本当に素晴らしく、フロム・ソフトウェアの作り出した世界を堪能はしたいと思うのですが、、とりあえず、私は『Horizon Forbidden West』に“フォーカス“して楽しもうと思っています。

via Metacritic.com : 『Elden Ring』スコア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720