Gameinformerが「Horizon Forbidden West」の5つの独占スクリーンショット、新マシン“The Burrower“、新エリア“The Daunt“の情報を公開。

Game | SONY

「Horizon Forbidden West」の5つの新しいスクリーンショットがGameinformerで独占公開されています。Gameinformerアプリから12ページものボリュームで本作に関する新情報満載の特集を読む事も出来ます。

Sundom(Carjaの領土)の東端にある峡谷「Daunt」と呼ばれる新エリアが紹介され、この新しい集落はプレイヤーがゲームの新しいシステムに慣れるためのオンボードエリアとして機能するようです。

「Daunt」は主人公アロイが “Forbidden West “に向かう前の目的地でもあるようです。公開されているスクリーンショットでは市場や酒場の様子も見ることができ、より賑やかな場所のようです。

他に「Horizon Zero Dawn」の「Watcher」の後継機である「Burrower」という新しいマシンの様子が紹介されています。この一見、普通に見える偵察マシンは地下にトンネルを掘ったり、予想外の場所で飛び出してきたりするようです。危険を察知すると甲高い音を出して味方を呼び寄せ、敵を気絶させるとの事。

ゲームディレクターのMathijs de Jonge氏によると、「『Horizon Forbidden West』では、機械に豊かな個性と運動能力を加えたかったので、“Burrowers“はカワウソやイタチによく似ていて、柔軟で素早く、かなり凶暴ですよ!」とのこと。

Gameinformer最新号の12ページに及ぶ特集では『Horizon Forbidden West』での新しいスキルツリー、ワークベンチ、主人公アロイの新たな脅威となる数々の強力な敵などが紹介されています。

Gameinformerの最新号を読むことが出来るアプリは、アンドロイドiPhone、iPadでインストールが出来ます。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720