【XboxWire翻訳】アンリアルエンジン5テックデモ「The Matrix Awakens」の公式解説

Game | Microsoft | PC | SONY

米XBOX公式ニュースサイトXboxWireにアンリアルエンジン5の技術デモ、「MATRIX AWAKENS」の公式解説記事が掲載されたので、プレイしただけでは分からない詳細が解説されているので、ご紹介します。

世界最強のゲームエンジンと最先端のゲーム機技術が融合するとどうなるのか?『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』は、まさにそれを紹介する新しい技術デモです。

ラナ・ウォシャウスキー監督、ジェームズ・マクティーグ、ジョン・ゲータなど、映画「マトリックス」のオリジナル製作チームのメンバーが、Epic Gamesやパートナー企業のチームと協力して制作したこの体験は、「Unreal Engine 5」で開発されました。インタラクティブなストーリーテリングは、エンターテイメントの将来像を垣間見ることができます。

ゲームでも映画でもない、両方の要素を兼ね備えたこの技術デモは、キアヌ・リーブスとキャリー・アン・モスの信じられないほどリアルなCGで再現されたキャラクターを使った映画のようなものから、カーチェイス、テンポの速いTPS視点のシューティング・アクションなどハイテンションなインタラクティブ体験へと変貌を遂げます。

ドライビングとシューティングのシークエンスは、プレイするたびにユニークなものになります。これは、車の衝突が 「Unreal Engine」 の高性能物理システム“Chaos“を使ってリアルタイムでシミュレートされているためで、同じ衝突が2度起こることはありません。

          

実写映画の製作者がストーリーを伝えるために街を下見(ロケハン)し、映画のシーンに最適な通りを探すのと同じように、チームはバーチャルな仮想街の中で車を走らせて魅力的なショットを撮影することで、映画コンテンツのさまざまなクリエイティブ・オプションを検討しました。

このプロセスは仮想環境の中で行われたため、現実世界のような物理的な制約はありません。例えば、ある場所から次の場所への移動に何時間もかかるような、現実世界の物理的な制約はありませんでした。

デモでは、16平方キロメートルに及ぶ広大なオープンワールドの都市が舞台となっています。この広大なメトロポリスには、700万のインスタンスアセットが存在し、それぞれが数百万のポリゴンで構成されています。その中には、7,000の建物、45,073台の駐車車両(うち38,146台は走行可能)、260km以上の道路、512kmの歩道、数千の交差点、街灯、マンホールなどが含まれています。

             

このデモでは、UE5の仮想化されたマイクロポリゴン・ジオメトリシステムである「Nanite」によって、このジオメトリの複雑さを処理することができます。アンリアルエンジン5の「Nanite」は、何十億ものポリゴンを処理してストリームする能力を持つ次世代技術で、非常に高いレベルのディテールとビジュアルフィデリティを実現します。大迫力のオーディオ生成システムは、都市の賑わいの音を再現し、ゲーム体験の臨場感を更に高めます。

Unreal Engine 5の強力な照明システムを利用して、非常にリアルな照明を実現し、デモのインタラクティブな部分では反射を、シネマティックな部分ではキャラクターの美しくリアルなソフトシャドウを生成することで、バーチャルシティはまるで実写の世界のようになりました。

                

都市では、多くの人々が仕事をしているときの喧騒もあります。人工知能(A.I.)システムを搭載した何千ものデジタルヒューマンや車両が街中に溢れています。

今年の夏にGears of Warの開発スタジオでもあるThe Coalitionスタジオが制作した印象的なデモを見て、Unreal EngineがXboxコンソールの可能性を最大限に引き出す方法を探るために、チームが採用されました。

彼らの協力により、Xbox Series XだけでなくSeries Sでも、印象的なレベルのパフォーマンスと品質を実現することができました。これは、次世代コンテンツが現在のコンソールのすべての機種で体験できることを証明しており、プレイヤーとUnreal Engine開発者の双方にメリットがあります。

The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience」では、次世代のインタラクティブ体験が、圧倒的なフォトリアリズム、信じられないほどリッチで複雑なオープンワールド、そしてかつてないほど魅力的なアクションを提供することを紹介しています。

Xbox Series X|Sの技術デモをダウンロードして、インタラクティブなストーリーテリングとエンターテインメントの未来を今すぐ体験してください。

via XboxWire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720