iPhone 13 Pro, iPhone 13 Pro Maxに採用した120Hz ProMotionテクノロジーは、サードパーティ製アプリでは動作しない模様。

Appleが「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」に採用した大きな変更点の一つでもある120Hz ProMotionディスプレイですが、残念な事に一部のサードパーティ製アプリでは60Hz上限に制限され、利用できないようです。

「Apollo」の開発者であるRedditユーザーの「クリスチャン・セリグ」氏は、サードパーティ製アプリのアニメーションが60Hzに制限されていることを発見したようです。

120Hz ProMotionディスプレイを搭載したiPad Proでは、すべてのアプリがスムーズに動作しているので、この120Hz制限はバッテリー駆動時間を確保するためなのではないかと、セリグは考えているようです。

しかし、Apple製アプリは120Hzで動作しているようです。この事から、サードパーティ製アプリに限定された制限の可能性があるようです。120Hzプロモーション・ディスプレイは、画面に静止画などの場合などではリフレッシュレートを最低10Hzにまで下げてバッテリーを節約し、ユーザーの操作状況やゲームの場合はリフレッシュレートを最大120Hzまで上げる可変リフレッシュレートになっています。

https://twitter.com/christianselig/status/1441422325715546112?s=21

私は既にiPad Pro12.9インチモデルでプロモーション120Hzディスプレイは経験していますが、スマートフォンはiPhone11 Pro MaxからiPhone 13 Pro Maxに買い替えたので、その効果の大きさはよく分かります。

アップデートによってこの60Hz制限がなくなる可能性はあるかもしれませんが、せっかくのプロモーション120Hzディスプレイなので、iPad Proのように Proモデルの名に恥じないよう、全てのアプリで最大120Hz動作するようにして欲しいものです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720